ワーホリ帰国後の就職方法|有利に就活するポイントはワーホリ中で決まる

 

僕は海外で2年ほど、日本語教師の仕事をしていました。

住んでいた国はオーストラリアで、ほぼ非常勤講師という勤務形態。

 

周りには日本からワーキングホリデー(以下ワーホリ)でオーストラリアに来ている人が多かったです。

 

彼ら・彼女らと仲良くなり、色々話を聞いていくと

  • 「日本に戻った後の就職が心配…」
  • 「このままオーストラリアで就職して住みたい」

 

という声を多く聞くようになりました

結局彼らは、セカンドビザを取り2年間オーストラリアに居た後、日本に戻りました。

 

彼らは今、日本でサラリーマンとして働いています。

 

 

僕の周りの人はワーホリ後日本で再就職した人がいましたが、

しかし、逆に日本でなかなか職が決まらない人もいます。

 

 

職が決まる人と、決まらない人の決定的な違いは「ワーホリ中に日本での就職準備をしているか」だと思っています。

 

 

世間一般的にワーホリは遊びにいくという認識

 

辛いことをいうようですが、海外から戻り、日本で就活をする場合、

「ワーホリは海外に休暇に行った」

とみられることがほとんどです。

 

そして、就職面接では「何故ワーキングホリデーで海外に行ったんですか?」と必ず質問されます。

 

 

日本で働いている企業が合わなかったという理由は通用しない

一度仕事をやめて、ワーホリに行く人には日本の会社組織が合わなかったという人が結構、居ます。

 

確かにそうで、海外で働くと日本の会社組織が本当に嫌になりますよね(笑

 

しかし、面接試験でそんなことをいうことも出来ませんよね?

 

となると、ワーホリに行く強い目的が必要になります。

  • 語学に興味があり、語学力向上が目的
  • 専門的知識を持っているので、海外の現場で働いてみたい

 

こういう目的がないと、日本で就活を初めてもうまくいきません。

そして、こういった理由を作ることが大切です。

 

気づき、発見がありました!で面接が通るのは新卒・既卒・第二新卒までです。

 

20代半~後半になれば、ワーホリの経験を通し、どのように社会で生かせるかが重要になってきます。

 

 

そうは言っても、ワーホリは最高の経験になる

色々強い口調で書きましたが、ワーホリは最高にいい経験だと思います。

 

僕の周りで「ワーホリなんて行かなければ良かった…」と言っている人は一人もいません。

むしろ行って良かったと、みな口をそろえて言っています。

 

 

社会人は長期休みが取れず、海外で生活なんて滅多に出来ません。

海外生活を多くの人が経験した方がいいとも思っています。

 

 

しかし、帰ってきた後の就職が大変というのも事実なんです。

 

 

帰国後の就活をうまく乗り越えるコツは「ワーホリ中に帰国後の就活準備を少しずつ進めていくこと」です。

 

 

ワーホリ中に準備すること

ワーホリ中に意識してやることは以下の通りです。

  • ワーホリ中の目標を決める(語学力向上、海外の現場を見てみるetc)
  • 語学の勉強を日々続ける
  • 日本に帰った後の自分をイメージする
  • 日本での就活の準備をする

 

特にこの3つを意識することが大切です。一つずつ見ていきましょう。

 

 

ワーホリ中の目標を決める

ワーホリ中の目標を決めましょう。

 

  • スムーズに外国語で話せるようになる
  • 資格を使って働く
  • TOEIC800点を目指す

 

何でもいいです。

大切なことは目標を決め、その目標を達成するよう行動することです。

 

そして、その結果日本に戻って就活をしたときに評価がされます。

 

 

語学の勉強を日々続ける

海外にワーホリに行ったということは、「語学が堪能なんでしょ?」って必ず聞かれます(笑

 

 

これは就職面接でも聞かれる質問で、「語学力が上がったという証明を作る」ことでワーホリに行った成果が判断されやすいです

 

「この人は遊びに行ったのではなく、目的を持ってワーホリをしてきた」

 

と面接官や周りに思われることが大切です。

 

 

こう思われるためには、資格や数字で証明するのが一番です。

日々、語学の勉強を続けることをお勧めします。

 

 

日本に戻った後の自分をイメージする

 

日本に戻った後、どんな仕事につきたいですか?

出来れば学んだ語学を使う仕事をしたいですよね。

 

 

しかし、ワーホリから日本に戻ってきた人のほとんどが語学と関係ない仕事に就いていることがほとんどです。

 

「自分がどんな仕事に就きたいのか…」

日本で就活をする場合、就きたい仕事をワーホリ中から少しずつ考えることが、上手く日本で就活をするコツです。

 

日本での就活の準備をする

 

少し気が早いかもしれませんが、日本での就活の準備を開始することが大切です。

お勧めは求人サイトに登録することです。

 

求人サイトを覗くと、色々な仕事があります。

興味ある仕事を見つけることで、帰国後の自分のイメージ(3つ目のポイント)を持つことにも繋がります。

 

 

帰国する月は、求人が多くなる月の一ヶ月前を意識する

 

凄く大事なことです。

それは、求人が多くなる月より少し前に帰国することです。

  • 未経験の仕事に就くなら7・8月
  • 求人が多くなるのは10・2月

 

と一般的に言われています。

 

 

あなたが、未経験の仕事に就く場合はこの7月・8月を目標に帰国しましょう。

逆に着きたい職種等が決まっている、または過去に経験している仕事に就く場合は10月・2月を目途に。

 

 

資格があると、帰国後も強い

 

資格があると、ワーホリ後も仕事に就くのが簡単です。

 

優遇される資格は以下の通りです。

 

看護師

看護師はブランクがあっても職を見つけやすいです。

とにかくワーホリ後も強い資格です。

実際、看護師を日本でやって、ワーホリに来る人も大多数います。

 

 

美容師

美容師も帰国後に仕事に就きやすいです。

というのも、日本で美容師をしていた人は、海外でも美容師としてアルバイトをしていることが多いです。

経験値を積んだという意味では就活を優位に進めることが出来ます。

 

技術系の資格

技術系の資格を持っていれば、日本に戻っても就活が楽です。

そもそも、そういう資格は日本で取得するのも一苦労なので

 

IT系の資格

IT系の資格は日本に戻った後でも重宝されます。

英語を読み書き出来れば、リファレンスなどのITの仕様書なども読み進めることが出来ます。

こういった能力は帰国後も重宝されます

※人手が足りていないという事実もある。

 

中途半端な英語力は逆にアピールしない方がいい?

良く言われることですが、ワーホリに行ってTOEIC 600点だとアピール不足に終わります。

 

この位の点数なら日本で勉強しても取れる点数です。

 

せっかくワーホリに行って英語漬けの毎日をすごすなら、最低750以上の点数はとっておきたいです。

 

英語を使う仕事に就きたい場合は最低ライン750点。

高いところだと800点以上が求められます。

帰国後も語学力を衰えたくないなら

 

帰国後、語学を使わないと一気に語学力は落ちていきます。

せっかく身に着けた語学力が落ちていくのは悲しいですよね。

 

 

そこで、語学を使う環境を作ることが大切です。

僕がお勧めするのは

この二つをお勧めしています。

 

都会だと、Facebookコミュニティなども作られているので探してみると面白いでしょう。

 

 

また、翻訳の仕事も読み書きレベルの更なるレベルアップにはもってこいです。

簡単な翻訳から難しい翻訳など幅広く仕事が募集されています。

是非覗いてみてください。

 

>>翻訳者ネットワーク「アメリア」 

 

ワーホリ中に登録する求人サイト

求人サイトはあまり登録しすぎない方がいいでしょう。

多くても3つくらいが理想です。

 

特にお勧めなのが、リクナビNEXTとJAICです。

あとは確実にハローワークには通いましょう。

 

リクナビNEXT

求人数が多く、まずはこのサイトで求人を見ることをお勧めします。

登録しておいて間違いない転職サイトです。

 

 

JAIC(ジェイック)

JAICは無料で受けられる就職相談が出来る転職エージェントです。

履歴書・職務経歴書などの書き方、面接対策を詳しく教えてもらえます。

 

採用フローは以下の通りです。

 

確実に内定を取りに行く場合はJAICを使いましょう。

面接会参加での内定率は驚異の80%越えです。

 

 

ワーホリ後の就活はすべて自分次第で切り抜けることが出来る

 

異国の地で何か月も住んだあなたなら、日本での就活は大変なことではないと思います。

 

「ワーホリは遊びだ」

と思われることがあると書きましたが、その言葉は僕が実際に言われてきたことです。

 

異国の地で住むということが、どれだけ大変なことか分からない人が多いと思います。

楽しいこと以上に、つらいことが多いのがワーホリです。

 

でも、その辛さ以上に素晴らしい経験で感動出来るのがワーホリでもあります。

 

是非、皆さんが日本に帰った後も就職出来ることを応援しています!

 

まとめ

  • ワーホリ後の日本での就活は、ワーホリ中の活動に掛かっている
  • ワーホリ中に日本での就活を少し準備する
  • リクナビNEXT などの転職サイトに早くから登録する

 

 

次の記事 ⇒ 語学力を仕事に|留学・ワーホリ後の就職方法

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です