就活の書類選考が通らなくて、親にくそ迷惑かけた僕がやった対策を全部書く

内定が欲しい。とにかく内定が。

履歴書を20社送って未だ書類選考が通らない。1社だけでいい。1社さえ受かればすべての状況が変わる。

 

 

どんなに履歴書を書いても落ち続けて、気持ちが折れそうになっていた。

そんな書類が落ちけた時、いまと同じやり方をしては一生内定がでないんじゃないと思い、1週間位就活を辞めて色々分析し書類選考が通らない理由について考えてみた。

今回はそのまとめである。

 

なぜ、書類選考が通らないのか。僕はその答えを泣きながらやった就職活動で気づいた。

それは、間違った履歴書・職務経歴書を送っていたからだ当時の僕に喝を入れるために書いたところもある。

書類選考で悩んでいる人は読んでほしい。

履歴書・職務経歴書は社会人のマナーを図るもの

まず、書類選考に落ち続けて僕が気づいたこと。

それは、履歴書は社会人としてのマナーを見られているのではないかと言う点だ。

そして、色々なサイトで調べ、人事の友達に聞いて、やっぱそうだった。確信になった。

履歴書・職務経歴書は社会人のマナーを図るもの。

例えば、貼られた証明写真が少し横にずれていたとか、そういう細かな点を実務レベルに変換して「こいつはお客に出す大切な書類に気を配れない人かもしれない」と勘繰られる。

送った履歴書の端が折れていたりするのも同じことで、

最低限のマナーを守った書類を作れないやつは、仕事を通しても同じことをするだろう。

そんなマナーがないやつは門前払いだ!!!ということなのかもしれない。

 

自分の立場で考えてほしい、返却された書類がズタズタ・ボロボロだったら「あんなくそ会社なんて受からなくてよかった!あそこの客が可愛そうだ」と思うはずだ。

履歴書は見た目がものすごく大切なのだ。

 

人は見た目が8割 履歴書は見た目が10割

書類選考の履歴書で意識したいのは”履歴書は見た目が10割”と言う点だ。

 

これは紛れもない事実で”顔がカワイイとかイケメンという意味ではないので間違えないように”

社会人として恥ずかしくない履歴書を書いてきているかがポイントになる。

 

つまり、就活の書類選考が通らな原因というのは社会人としてのマナー違反ということだ。

では、しっかりした履歴書で社会人としての最低限のマナーを守った履歴書はどんなもんなんだ、って疑問に思うはず。

 

書類選考が通らない原因は残念な履歴書

次の点を守れていない履歴書は問答無用でお祈りいきで、社会人のマナーが出来ていないと評価される。

以下の様な残念な履歴書をあなたは送っていないだろうか?

 

そして社会人としての最低限のマナーが守れていない残念な履歴書を送った人には人事課からの鉄槌が下る。

僕が20社から鉄槌が下ったようにね…。

 

書類選考で重要視されるポイント

  • 履歴書が汚い(折れていたり・よれよれ)
  • 誤字・脱字が多い
  • 字が汚い
  • はしり書き、なぐり書き
  • 年号と西暦、漢数字と算用数字が混在
  • 正式名称を書いていない(株式会社を㈱や住所にハイフンなど)
  • 履歴書に空白が多い
  • 自己PR弱い
  • 志望動機が薄っぺらい
  • 証明写真に気合が感じられない

 

これらの項目は新卒・既卒・第二新卒・ニート・フリーターからの就職・転職すべてに言えること。

これらを注意すれば残念な履歴書にはならない。

 

僕は正直、新卒採用の初めは写真を使いまわしていたし(写真高いし)、字を丁寧に書いていなかった。

 

そりゃ受かるわけないんですよ。今となっては本当に反省している。

細かな点まで気をつかうことで社会人としてのマナーを守り、残念な履歴書にしないことが重要だ。

 

履歴書が汚い(折れていたり・よれよれ)

正直、問題外で送った履歴書が読まれていない可能性がある。履歴書をパッとみて、読む価値がないと思われている可能性が高い。

 

履歴書はいわば自分を売り込むツール。

そのツールを汚して送ってくるってことは仕事道具や資料にも気を遣わないと思われる可能性があります。

これも、社会人のマナーに通じる。

 

 誤字・脱字が多い

ぼくもこのブログで誤字脱字が多いので気を付けますが、履歴書の誤字脱字は必ずチェックを受けます。

何度も読み返し、誤字脱字のチェックがないか確認してください。

誤字脱字があるというのは、文章を最終チェックしていないのでは?と思われる。

 

 字が汚い

手書きの履歴書よりもPDFの履歴書を送ることが多くなったが、昔ながらの会社はいまだ手書き履歴書を推奨することがある。

正直、PDFでもいいんですが、手書き履歴書の方がベター。

手書きじゃない履歴書は受け付けない!とかいう意味が分からないやつが一定数いるのが現実。

会社によっては手書きじゃなくてもいいよくて、IT業界ではデータで履歴書を送り書類選考が進むところがある。

 

手書きで書くと、どうしても字が汚くなることがある。こんな書類送ったら即効お祈りです。

客に出す書類も汚い字…って今はパソコンで資料を作る世の中ですが、気持ちが入っていないと捉えられることがあります。

 

僕の場合はパソコンのエディターなどで文字を最初に推敲。

何回も見直して、最終的に履歴書を綺麗に、そして気合を入れて清書。

 

いきなり履歴書に書きはじめたら、そりゃ汚くなるわ。

いきなり書かなくても汚くなるので、相当気を遣わないといけない。

 

くれぐれも字は丁寧に書くようにしましょう。

参考:履歴書は手書き・pdfどっちがいい?|書類選考を通過しよう

 

はしり書き・なぐり書き

字が汚いと一緒です。

とにかく、気持ちがこもっていない書類は一切受け入れてくれません

内容よりも字が汚いことや読みづらいことに意識がいってしまう。

きっとあなたもそうだと思う。

2つの文章があって汚い文字と綺麗な文字、はしり下記の文字、気を使っている文字だったらどっちが印象がいいと思うか。

 

極端な例だが、あきらかに①が良いと思いますよね?

(僕は本気でやってますよ?マウスで字を書くって難しいんだ。)

②は就活じゃなかったら受け入れられるかもしれないが、人となりを見る就活の場面で、こんな汚い文字の履歴書を送ってきた奴を取る会社はおかしいと思うはずだ。

 

逆の立場で、あなたが大切な書類をもらい、字が汚かったり、はしり書きしている書面だったらどう思うか?

特に大切な書類だった場合、「こいつ字がきたねーなー」で終わらずやり直すを注文するはずだ。

書類選考も同じことで、自分を売り込む段階。走り書きは絶対にやめよう。

 

就職試験での履歴書と職務経歴書はやり直しを注文できないので、その結果、お祈りという結果になるのだ。

 

年号と西暦、漢数字と算用数字が混在

2017年なのか、平成29年なのか?

21歳なのか、二十一歳なのか?

意外かもしれないが、オフィシャルの書類では統一されていないことを気にする人がいるのだ。

正直どうでもいい話だよな。

うん、どうでもいいよ。ですが、オフィシャな部分では確実に数字などは統一されいる。

 

でも、ここまで見ている人事もいるということだけは忘れないように。

統一して、細かい点にも気を使おう。

 

正式名称を書いていない(株式会社を㈱や住所にハイフンなど)

結構人事は見ています。

例えば株式会社きんた通信を、㈱きんた通信と書くとか。

略称って仕事をし始めれば普通に使うんですが、書類では正式名所を求められることがほとんどです。

「仕事で㈱でいいならいいじゃないか」と思うかもしれないが、こんなことで落ちるのはバカげている。

確かにオフィシャルな文章で㈱表示のものってあまり見かけないなと思う。

略称ではなく正式名称で書くように気を付けよう。

 

また、住所などもハイフンを使わず正式名所で書こう。

ここまで気にする人事がいるか分からんが、ここまで気を遣うのが大切。

 

履歴書に空白が多い

 

これは書類選考の鉄則的な部分です。

空白は埋めよう

履歴書の種類にもよるが、「志望動機」や「本人希望記入欄」ともうけられているものがある。

(志望動機は必ずあると思う)

こういう欄はいわば、自分はこの会社で本気で働きたいんです!ってアピールの場です。

 

この欄を目一杯書かないということは、与えられているチャンスをみすみす捨てていることになります。

しかし、ただ埋めればいいっていう訳ではない。

読みやすい字、大きさで埋めるから意味があるのだ。

相手のことを考えず、小さい字でとにかく詰め込んだ文字なんて読みづらい。

それでは人事は読みづらく、読まないこともあるかもしれない。

 

自己PRが弱い

空白を埋めるっというのは自己PRがしっかりあれば、大抵書けるものだ。

しかし、頭で考えても強み・弱みなんて分からない。この2つのせいでどれだけうなされたことか

そこで、色々考え僕が使ったのはリクナビNEXTのGoodpoint診断というものだ。

 

設問に答えていくと、自分がどういう人物なのかを5つのポイントに合わせて解説してくれる。

会員登録は必要だが、自分がどんな人なのかを理解するにはもってこいだ。

 

ちなみに僕のgoodpoint診断の結果はこんな感じだ。

 

結構当たってるから困る。

そして、このデータを元に自分の弱みを考えた。

と言うのも強みの反対は弱みで、また弱みの反対も強みなのだ

 

このデータをもとに、自分の強みと弱みを分類した。

(Goodpoint診断を元にエクセルで表にすると、理解しやすい。)

 

 

強みはGoodpoint診断から引っ張り、弱みは強みの反対のことを意識した。

 

このように分類したら、自分の強み弱みを理解することが出来た。

といっても弱みの方はこのまま書類に書くと、良い印象を与えられない。

 

そのため、強みにはエピソード。弱みには失敗談と気を付けていることを書くといいだろう。

【強みのエピソード】

私は常に主体的に行動することが出来る。また、常に新しいことにチャレンジする挑戦心がある。

学生時代のサークルでは裏方だったが、主体的に新しい企画を提案した。

毎年同じことをやっても、それ以上の結果はなく飽きられてしまう。

そこで○○というイベントを提案し、周りの協力のもと大成功を収めることができた。

例年とは違う企画と広報活動が成果につながったと思っている。

 

まぁ簡単な例だが、こんな感じに強みとエピソードを織り交ぜることが大切だ。

 

逆に弱みでは

僕は頑固なところがある。自分で色々考え実行するのが好きだ。

しかし、学生時代にサークルのメンバーと意見がぶつかったことがある。

その時に気づいたことは、自分の意見も大切だが相手の意見も尊重し妥協案を出していかないと、いいイベントは作れない。

先に紹介したイベントでも周りの協力がなかったら大成功は収められなかった。

頑固なところがあると自分が知っているので、相手の意見に耳を傾ける努力をしています。

実際、僕は学生時代、友人とぶつかった。

頑固な僕を、周りのと同じ目線にしてくれた友人に感謝をしたい。

 

話はズレたが、このように

  • 強みにはエピソード
  • 弱みには失敗談と気を付けていること

 

が必要になってくる。

エピソードと気を付けていることが大切だ。

といってもここまで求められるのは面接試験からになってくるが、履歴書を書く段階から準備はしておいたほうがいい。

リクナビNEXTのGoodpoint診断をつかって分析すれば、自分の強みと弱みを出すことができるので、おすすめだ。

 

 

志望動機が薄っぺらい

志望動機はかなり就職活動においてかなり重要になってきます

 

楽天リサーチ株式会社が行った、

「中途採用での応募書類で重視するところはどこか?」

という採用業務の経験者300人に聞いたアンケートの結果では2番目に重視される項目になっています。

 

 

 

この結果は中途採用に限ったことではなく、新卒や既卒にも同様のことが言えると思う。

 

また、人事が気になっていることは

「競合他社が多い中、なぜうちで働きたいのか?」

「うちでどんなことを活かせるんか」

 

ここら辺をしっかり説明した方がいい。

 

①企業が求める人材の把握

 

まずは求人票を読み込み、応募先がどんな人材を求めているか把握しましょう。

また、企業の公式ホームページも読みこみ、扱う商品の理解も大切です。

 

ここでの理解が弱いと面接で突っ込まれたときに変な回答をしてしまいます

 

受ける企業のサービスや商品に興味を持てるのかが大切です。

 

そして同業他社が多い中、どうしてそこの会社を選んだかの理由も明確にしていきしょう。
その為に企業研究になります。

 

②自分の強みと絡めて志望理由を考える

先ほど分析した強みと絡めて、志望理由を考えていきます。

 

営業職だとしたら

「主体的に行動できるので積極的にクライアントに足を運び商品のニーズをくみ取り商品を提案できます」

 

ということを伝えられるし、強み⇒仕事で生かせることと繋げていきます。

 

 

自分の強みと企業が求める能力が一致すればそれは志望動機になります。

ただし、強みを出しすぎるとうざいやつになるので、ほどほどが大切。

 

 

③キャリア後のビジョンを伝える

応募企業に入った後に何をしたいのかそしてどんな人材になりたいのか。どんなことを達成して、貢献できるかを明確にしていきます。

ここでの明確なビジョンはやる気を伝える格好のポイントです。

 

より明確なビジョンを示せば、それだけ「こいつは相当な熱量があり、うちで働く目的が明確になっている」と思ってくれます。

しかし、小手先のビジョンだけだとすぐ見抜かれてしまう。

 

「長く働いてくれるのでは?」と説得することが重要です。

どこの企業も長く働いてくれることを期待しています。

 

 

明確なビジョンとやる気を示し、企業に取ってあなたを取ることで優良な人材だと思わせることが大切。

 

証明写真に気合が感じられない

 

証明写真は第一印象を決める大切なポイントです。

 

まず言えることは、スピード写真などを使わずプロのカメラマンに撮ってもらった写真を使いましょう

 

第一印象を決めるところなので、

お祈りされた書類から写真を取ることはやめて、気合のいれた写真を撮りましょう。

 

 

写真の裏には必ずフルネームで名前を書こう

たまに見る人事がいるんですよ…驚愕です。

 

 

何事もそうだが、人間は第一印象で印象を決めようとする生き物だ。

心理学でハロー効果と言うものがある。

これはイケメンが壇上に立ち挨拶をするだけでその人が良く見えるというものだ。

ようは、見た目=いいやつという図式がなりたつ。

人は見た目が10000%なのだ。

 

なので、就活で使う写真はいい物を使い、履歴書はきれいに書かないといけないのだ

見た目を少し変えるだけ好印象が得られることがあるからね。

 

 

細かな点まで気をつかっているのか?

そして、あなたの写真や履歴書は良い印象を与えているか?

もう一度しっかり見直すことが大切だ。

書類選考で落ち続けるには理由が必ずある

 

書類選考の段階で端にも棒にもかからないあ場合は確実に原因が存在しています。

上で紹介した点を踏まえ自分の履歴書をもう一度見直してみてほしいんだ。

もし、上の事を守れていたなら学歴で落とされている可能性も考える必要がある。

 

大企業を目指しすぎていないか?あまりにも背伸びしすぎなんじゃないか?

 

この辺も考える必要があると思います。

 

いい履歴書を書く秘策は、人に見せること

これだけでするだけで、書類の選考率が確実に上がります。

勝率は3割は確実に上がります。

というのも、先程上げたNG履歴書の例

  • 履歴書が汚い(折れていたり・よれよれ)
  • 誤字・脱字が多い
  • 字が汚い
  • はしり書き、なぐり書き
  • 年号と西暦、漢数字と算用数字が混在
  • 正式名称を書いていない(株式会社を㈱や住所にハイフンなど)
  • 履歴書に空白が多い
  • 証明写真に気合が感じられない

 

これらのNGは人に見せるだけでかなり改善されるはずです。

 

字が汚い、誤字脱字、年号の統一などは人に見せれば確実です。

親やハローワークの職員だっていいです。

※ちなみにハローワークの職員さんは形式的なことをチェックしてくれます。誤字脱字など

 

エージェント通し、勝ちに行く履歴書を作る

エージェントはあなた(求職者)と求人を出す企業の仲介役で人材紹介会社のことです。

登録をすると無料で求人紹介、就活支援(履歴書添削、面接対策、就職相談)を受けることが出来ます。

やっていることはハローワークと同じですが、求人量が多く、就職支援のレベルも非常に高いのでハローワークの上位互換だと言われています。

登録後は一度会社に訪問する必要があり、そこであなたに最適な求人や、就職支援を受けることが出来ます。

 

履歴書の添削レベルが高く、周りの人に自分の履歴書を見せるなら、間違いなくエージェントに見せたほうがいいでしょう。

 

新卒で書類選考が通らないなら新卒専用のサービスを受けてみよう

新卒特化のエージェント

キャリアチケット は新卒特化のサービスです。

確実に今まで書類選考(エントリーシート)が通らなかった人でも通るようになります。

書類選考が通らず焦っているなら、使ってみるといいでしょう。

そして、プロから学べることを活用し、就活を成功することを応援しています。

ただし、関東で就活を考えている人限定のサービスです。

キャリアチケットの詳細

新卒に特化した就職サービス

エントリーシートが驚くほど通るようになったと評判です。

公式URL:https://hataractive.jp/shinsotsu/

※上記URLからだと登録がスムーズです。

 

中途採用におすすめの書類選考がないエージェント

書類選考がなく面接から開始出来るので、最短1週間で内定を獲得する人もいます。

登録後、就職相談に行った96%が内定獲得しています。

現在就活中で履歴書が通らない人は検討してみることいいでしょう。

\ DYM就職の登録はこちらから /

DYMの詳細

全ての正社員求人で、内定まで平均2~3週。

迷っているならまずは相談してみてください。

公式URL:https://talk.dshu.jp/32/

※上記URLなら登録がスムーズです(登録1分・履歴書不要)

 

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です