就活で書類選考が通らない時に見直すポイント

 

 

「書類選考で通らないのは書類に不備があるか、企業側のニーズをくみ取れていない」

 

 

当時転職エージェントを使っていた時に言われた一言です。

 

—企業側のニーズ?

 


 

こんにちは、きんたです。

 

僕は就職活動で新卒採用を蹴ってオーストラリアに行きました。

オーストラリア記事:新卒採用を蹴った僕はオーストラリアへ|新卒じゃないと人生詰むの?

 

 

 

帰国後、日本で就職活動を開始しましたが ”履歴書・職務経歴書なんて初めてで何を書いたらいいか、また書き方が合っているのか不安” で仕方ありませんでした。

 

 

 

就活を始めた頃は自己流だったので書類選考が全然通らなかったのを覚えています。

 

 

そこから、僕の場合は知り合いの紹介で転職エージェントに登録。

そして履歴書、職務経歴書添削。

面接対策と手厚いフォローをして頂きました。

 

 

その時言われた一言が冒頭の一言。

 

「書類選考で通らないのは書類に不備があるか、企業側のニーズをくみ取れていない」

(言い方はもっと丁寧かつ配慮がありました。)

 

 

 

今回は就職活動で履歴書・職務経歴書が通らない人向けに、僕がエージェントに教わり、実際に実施したポイントを紹介していきます。

 

 

願わくば、エージェントを使った方がいいですが、それはまた後のおはなし。

 

1. 書類に誤字脱字がないか確認

 

まずは自分の履歴書・職務経歴書に誤字・脱字がないかの確認です。

 

 

誤字脱字は読む人にとって印象が良くありません。

 

提出前に再度確認し、誤字脱字を撲滅させましょう

 

これって案外出来ていない人が多いんですって。

 

2. 第三者の視点

 

履歴書・職務経歴書に限ったことではありません。

 

 

提出先が決まっている書類は第三者に見せて評価をもらいましょう

 

 

自分一人で考えていると考え方が凝り固まり、文章のねじれや言いたいことが伝わらないケースがあります。

 

 

自分の書いた書類を他人に見せるのは恥ずかしいですが、ハローワークに持って行って、書類添削サービスを受けてみましょう。

 

 

こういう無料で受けられるサービスを積極的に使っていくことが内定への近道です。

 

 

僕は実際に転職エージェントとハローワークを使いましたが、転職エージェントの添削はレベルが高かった印象があります。

 

 

職員によってレベルが違いますが、エージェントの場合は添削のプロを抱えています。

 

総じてレベルが高く、修正すべき点を的確に教えてもらえます。

 

3.企業のニーズは把握できているか

 

例えば、あなたが営業職に申し込んでいるとします。

 

ルート営業、新規営業など種類があります。

 

 

新規営業の求人にも関わらず、あなたの書類には”人間関係はじっくり時間をかけるタイプです。”

 

と書かれています。

人事の人はどう思いますかね?

 

履歴書を見て、あなたという人材は新規営業には向かないと思われる書類を送ってませんか?

 

 

あなたが応募する企業の職業で求められる能力ってなんでしょうか?

 

 

これを理解しないと、企業側が求める人材像を把握することが出来ません。

 

 

営業ってなんだろう?

新規深耕で求められる能力とは?

 

 

と1つずつ疑問を解消させることで、応募する企業のニーズを理解していきましょう。

 

4. 企業研究は出来ているか?

 

3つ目と被る部分はありますが、受ける会社の事を調べていますか?

 

 

企業の評判や年収だけではなく、事業内容、メイン商材、規模、沿革などなど。

 

なるべく詳しい情報を調べておきましょう。

 

 

企業研究の先にニーズを理解することができます。

 

就職活動ではまず企業研究が重要です。

 

5. 自己PRはしっかり出来ているか?

 

自分の能力や実績を書くことは自己PRにはなりません

 

 

そんな自己満足の自己PRは人事側からしたら、読んでいても不快でしかないかもしれません。

 

 

自己PRで必要なことは、どんなことをしてきた、こんだけ数字を伸ばしたというだけではなく、”私を採用するとどんな利益が生まれるか”をそれとなく書くことが重要です

 

 

大切なのはそれとなく。

 

 

オラオラ系で書いても、読む人には伝わらないことが多い。

 

 

企業側にメリットがあるからこそ、内定がもらえると思います。

 

 

ただの自己満足厨は必要ないと思われても仕方ないですよね。

 

履歴書や職務経歴書はエージェントに見せたほうが手っ取り早い

 

地道にコツコツと就職活動をするのも大切ですが、エージェントを通し”履歴書・職務経歴書の添削”をしてもらった方がはるかに効率的です。

 

 

エージェントはプロで就職のノウハウを多く持っています。

 

 

我流で就職活動をしてると本当に働きたい企業に出会った時に対処しても、時すでに遅しとなることがあります。

 

 

また、転職エージェントは無料で相談や添削・面接練習が出来るので非常に便利です。

 

早くから手を打った方が仕事も決まりやすいです。

 

 

と、我流でやってた僕は痛感しました。

 

既に社会人経験がある人はマイナビエージェントがお勧め

 

既に職務経歴がある人はマイナビエージェントがオススメです。

 

 

普通、エージェントを使うとオフィスに行って相談を受けることがあります。

書類添削や面接対策はもちろんそうですが、相談もオフィスに行く必要があります。

 

 

しかし、マイナビエージェントなら電話で相談できます。

 

時間が取られないし、大手なので求人数も多いです。

必ず満足いく求人が見つかるはずです。

 

 

キャリアコンサルタントの対応も良く、気持ちよく使うことが出来ました。

 

スピードが命の就活。

 

登録は基本情報のみでいいのでこの機会に是非登録だけでもしてみてください。

思った時に行動することが大切です。

 

全て無料で受けられる書類添削・面接対策

マイナビエージェントの登録はこちら⇒マイナビエージェント

 

 

既卒・第二新卒・フリーターは第二新卒AGENTneoがおすすめ

 

 

第二新卒AGENTneoは既卒・第二新卒・フリーターなど社会人経験がない人でも安心して使えるエージェントです。

 

 

書類添削から始まり面接対策などもそろっています。

 

 

ここの最大のポイントは書類選考で通ったあとです。

 

書類選考で通っても面接で落ちては元も子もありませんよね?

 

 

第二新卒AGENTneoは面接で落ちた場合に”なぜ不合格になったのか”を教えてもらえるので、次の面接につなげることが出来ます。

 

 

書類選考だけではなく、面接対策も希望する既卒・第二新卒・フリーターにはお勧めのサービスです。

 

>>第二新卒AGENTneoの登録はこちら

 

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です