田舎で就活はハローワーク?就職方法を紹介

私は長野県に住んでいる田舎者です。

 

田舎に住んでいると就職活動のメインがハローワークになると思います。都会に比べ、既卒や第二新卒の就職活動には弱いイメージが田舎にはありますよね。

  • 本当に既卒で雇ってもらえる企業があるのか?
  • 第二新卒で募集している企業はあるのか?

 

心配になってこのページを訪れている人が多いと思いますが、ここではっきりさせておきます。

 

『大丈夫!田舎こそ人材不足で若手が不足しています!あなたの就職活動は成功する!』

 

そこで今回は田舎での就職活動方法などを詳しく書いていきます

何故、田舎での就職方法はハローワーク以外の選択肢がないのか?

田舎在住者に限らずが転職活動をするとしたら、

真っ先にハローワークへ登録をしに行くと思います。

 

地元の企業の求人がメインなので、

地域とかを気にせず仕事を選ぶこと出来るのが特徴です。

 

田舎の人がハローワークを使う理由は『大手転職サイトを使っても田舎の求人が少ない』ためです。

 

これは本当にそうで、

私が田舎に戻った時に転職サイトを利用しましたが、

地元企業の求人が少なった記憶があります。

 

出しているには出しているけど…掲載数が少ない。

しかしハローワークの場合は地元企業がわんさか載っているので、

どうしてもハローワークに行って求人を探してしまうんですよね。

 

田舎の企業がハローワークを使う理由

田舎の企業が大手転職サイトに登録しないで、ハローワークに求人を出す理由があります。

それは、ずばり『掲載料』です。

 

大手転職サイトに求人を載せると、数十万掛かることがあります。

 

しかし、ハローワークはタダ。

しかも地元の人を募集できるし、一石二鳥と考える企業が多いんですよね。

そうは言っても、大きな企業は転職サイトを使う傾向がある

「少しでも優秀な人材を確保したい!」とどこの企業も願うものです。

大手転職サイトは知名度もあるし、

掲載企業も半端じゃないので登録している人も相当数います。

 

 

そのため業績が安定していたり、

人材確保にかなり重きを置いている企業は、

掲載料を払ってでも転職サイトを使う傾向があります

 

あなたの田舎にもありませんか?

その地域ならかなりの優良企業で大きな会社が。

そういう会社は間違いなく、転職サイトに求人を出しているでしょう。

 

ハローワークと転職サイトの併用がオススメ

私が実際に田舎で転職活動をしてみて感じたことは、

ハローワークと転職サイトの併用が、田舎の就活スタイルだということです。

地元の中小企業はハローワークで

地元の中小企業は転職サイトよりもハローワークを使っているところが殆どです。

 

地元の中小企業の求人を探すには100%、ハローワークが適しています。

逆に田舎の業績がいい企業や、大手の企業は転職サイトで探すのが手っ取り早いです。

業績が良い企業・大手の企業は転職サイトで

特に人材を確保することを大切にしている企業は転職サイトを使っている傾向があります。

 

理由は全国からいい人材を集めることが出来るからです。

私も転職サイトを使い、多くの求人に応募しました。

 

ハローワークと比べ、自己PR・志望動機を長く書き込めるのがポイントです。

ハローワークは基本的に応募できる書類が履歴書と職務経歴書です。

 

そこだけでは書ききれないことを、転職サイトでは書けるのでオススメです。

就職に不安がある既卒・第二新卒の人はハローワークへ

既卒や第二新卒の就活だと不安なことが多いと思います。

第二新卒は初めての転職活動ですし、

既卒は学校を卒業したあと、一度も就活をしていない。

 

正しい履歴書が書けているか心配な人もいると思います。

そういう人はハローワークに行って、就職支援サービスを受けてみましょう。

ハローワークの就職支援サービスを受けて、履歴書添削・面接対策をする

ハローワークには履歴書添削・面接対策などの就職支援を受けられるところがあります。

特に既卒・第二新卒などの若年層の就職支援には力を入れています

 

自分で書いた履歴書は人に見せることで格段に書類通過率が上がります。

また、面接練習をすることで面接の雰囲気を掴むことも出来るのでオススメです。

ハローワークの支援は職員によってレベルがまちまち・・

しかし、ハローワークの職員の支援は、

スタッフによってレベルの差を感じることが多いです。

 

もしあなたが、ハローワークのいい職員さんを知っている場合は、

指名して就職支援を受けてみましょう。

ハローワークでは職員を指名することが出来ますよ。

確実に内定を取りに行くなら転職エージェント

ハローワークや転職サイトもいいですが、就職支援がいまいち。

と感じる人もいます。

そういう人は転職エージェントを使ってみましょう。

転職エージェントはあなたと企業の仲介役

人材紹介会社(転職エージェントと言われる)はあなた(求職者)と求人を探している企業の橋渡しです。

求人数も転職サイトに負けないくらい、いい求人を持っています。

 

書類添削・面接対策などの就職支援のレベルが高く、

内定率が一気に上がるのが特徴です。

 

実際、私は田舎就職で転職サイトとエージェントを併用しました。

10社それぞれ履歴書を送った勝率は、

  • 転職サイト:5社書類通過
  • 転職エージェント:8社通過

 

明らかに通過率が高かったのを覚えています。

ブラック企業を避けるために、転職エージェントは効果的

特に既卒者は就職をしたことがないので、

いい職場と悪い職場の判断がつきづらいと思います。

 

ブラック企業を避けるためにはハローワーク・転職サイトよりもエージェントの方が効果的です。

ハローワークと転職サイトは求人審査をしていない

ハローワークは求人を出せば記入漏れを除けば100%受理されます。

転職サイトも掲載料と条件さえ整えば求人を出せます。

そのため、1年中求人を出している企業もあります。(求人サイトはお金次第)

 

また、求人数が多く、企業の内情を知らないことが多いので、

ブラックかホワイトかの判断がつきづらいのです。

しいて判断する方法としたら、常に求人を出しているかどうか位です。

 

転職エージェントは基本、求人を出す企業を訪問している

エージェントの場合は、求人を出す企業に実際に訪問することが殆どです。

社内の雰囲気、職場環境、求人を出す理由など

とにかく多くの項目をヒアリングしてから求人を受理します。

 

ハローワーク、転職サイトに比べると、ブラック企業を徹底的に排除しようとしている所が多いです。

 

田舎での就職方法は選択肢が少ない、なんてことはない

今までは田舎での就職と言えばハローワークというのが一般的でした。

しかし、少子高齢化、若手の都会への流出、売り手市場と企業側もハローワークに求人を出しているだけでは人が集まりづらい状況が続いています。

 

田舎での優良企業も強みがないと人材を集めるのに苦労している世の中です。

優良企業、大企業でも集まりづらいのが現状なのに中小企業なんてどうすればいいんだ!という感じになります。

 

社会的にこういう状況が今後も続く予想が起きるので、企業もハローワークだけではなく、

転職サイト、転職エージェントに求人を出す所が増えてきています。

 

ですので、田舎だからと言って今後はハローワークが正解ではなく、

転職サイト、エージェントを使っていくことをオススメします。

 

 

田舎の転職成功者30人に使ったエージェントを5段階で評価してもらいました。

その評価を基に作ったランキングは以下の通りです。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェントの公式サイト(登録1分・履歴書不要) 

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆

口コミ評価の高いエージェント2位「DODAエージェント」

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
★★★★☆

口コミ評価の高いエージェント3位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0
★★★★☆
3.8/5.0
★★★★☆
3.8/5.0
★★★★☆

 

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です