ハロワ求人が酷い理由を説明。就活するならハロワと+αが必要

 

ハローワークの求人は酷い。

こんな言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

 

私は実際に転職活動時にハローワークを使ってみましたが、

この言葉通り酷い求人が多かったと感じました。

 

理由はいくつかありますが、その前にハローワーク求人の特徴を説明していきます。

  1. 地元の中小零細企業ばかり
  2. 給料が安い
  3. 休みが少ない
  4. 古い体質の企業が多い

 

これにあたはまらない企業もあると思いますが、間違いなく少数でしょう。

 

では、なぜこのような企業が多くなるのでしょうか。

今回はその理由を説明していきます。

そして、ハローワークを使わないで就活する方法も書いていきますね。

ハロワ求人が酷い理由1:求人を出す掲載料が掛からない

ハローワークに企業が求人を出す場合、無料で求人を出すことが出来ます。

そのため、何度でも求人を出し、人が集まらなかったら取り下げる企業が多いです。

 

つまり、真剣にいい人材を集めようとしたら、

ハローワーク以外の転職サイトやエージェント求人を出すはずですが、

ハローワークのみに求人を出している企業は、お金がないか、もしくはケチっているかが予想されます

 

今の世の中、人材を集めるのは大変です。

大手程ハローワークを通さず、転職サイトに求人を出します。

理由は良い人材を多く集めたいからです。

 

その努力をしないハローワークにしか求人を出さない企業は底が知れるでしょう。

 

ハロワ求人が酷い理由2:カラ求人がある

カラ求人って知っていますか?

カラ求人は『求人を出してはいるが、人を募集していない求人』です。

 

入ったばかりの人材育成にハロワを利用している。

または求人を出せとハローワーク側から言われているからです。

 

転職サイトは掲載料が数十万単位でかかるのカラ求人はありません。

 

しかし、ハローワークは実際にカラ求人があります。

掲載料は無料ですし、いつでも求人を出せます。

 

何度も求人を出している企業や、

ハロワの職員が「ここの企業は本当に受からないんだよね~」なんて言っている場合は注意が必要です

間違いなくそれはカラ求人でしょう。

 

ハロワ求人が酷い理由3:中小零細企業がほとんどで待遇が悪い求人が多い

給与・福利厚生など待遇面で考えると、

大企業>中小企業>零細企業

 

こうなるのは当然ですよね。

もちろん、中小零細企業でも社員を大切にする会社は沢山あるし、待遇が良い会社はあります。

しかし、ほとんどの会社は規模が小さくなればなるほど、給与・福利厚生が良くないです

 

そして、ハローワークに求人を出しているほとんどの企業は中小零細企業。

待遇が良い会社なんてほとんどありません。

年間休日が少ない会社もありますし、本当にいい会社を見分ける能力がないとはずれを引く可能性は高いでしょう。

 

ハロワ求人が酷い理由4:ブラック企業の求人が多い

年間休日96日、106日なんて求人はザラです。

月に8日休日がある計算で12カ月。

この時点で96日になります。

 

つまり、90日しかない求人は祝日、年末年始、お盆の休暇がない。

もしくは、土曜日は出勤で週に1日休み。

そこに祝日と年末年始の休みを合わせて帳尻を合わせている可能性が高いです。

 

そして、こういう企業に限って給料が安く、残業代なんて支払われない傾向が強い。

 

どう考えたって、こんなのブラック企業でしょう。

そして、こんな会社がハロワの求人には多いんですよね。

 

ハロワ求人が酷い理由5:残業時間や年収モデルなど詳細に書かれていない

エージェントや転職サイトを使うと、大体の残業時間や年収モデル等の情報が詳細に載っています。

といっても、その情報が正しいかは分かりませんが。

 

ハローワークの求人は残業時間は載っていますが、

給料欄に見なし残業代など、残業に関する情報が割愛されているものが多いです。

 

また、月収や年収などの情報はありますが、

モデル年収などの情報もありません。

求職者からしたら、欲しい情報が載っていないのはツライですよね。

 

ハロワ求人が酷い理由、番外編:いちいち推薦状をもらうのが面倒臭い

受けたい企業があるのに、いちいち推薦状をもらう。

あのシステムを本当に何とかしてほしい。

 

何人受けたという情報は価値がありますが、

推薦状をもらう度にハロワ職員に小言みたいなことを言われるのも最悪。

 

ハロワ求人が酷い理由、番外編:職員のレベルが低い

はっきり言います。

職員のレベルが低いです。

 

上から目線で、言わなくてもいいことを言ってくる奴もいます。

そのくせ、そういう職員に限って履歴書の添削レベルが低く、有益な情報をくれません。

 

中には親身になって相談をしてくれる職員さんもいますが、まぁまれでしょうね。

当たる確率は低いです。

本当にハロワのスタッフは高確率で最悪なので、使うなら覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

ハロワの求人は酷いから利用するなら覚悟したほうがいい

 

ハロワ求人が酷い理由を書いてきました。

酷いです。本当にひどい。

中にはいい求人もありますが、それを見つけるのはかなりの時間をかけないといけません。

利用するなら覚悟を持って臨んで下さいね。

 

ちなみに、ハローワークを使わないならエージェントがオススメですよ

 

エージェントは企業が運営しているハローワークの上位互換。

求人紹介、履歴書添削、面接対策、就職相談をハローワークと同じく無料で行ってくれます。

 

エージェントはハローワークと違って求人が酷くない

登録することで求人紹介、就職支援、面接対策、就職相談を無料でやってくれるのがエージェントです。

「ハローワークと同じことやっているじゃん」と思う人もいると思いますが、

エージェントは民間企業が運営していて、企業から求人を出すのにお金をもらっています。

まず、この時点でハローワークの様にお金がない中小零細企業は求人を出すことができません。

 

また、ハローワークと違って、インターネットで就活が可能で、各エージェントのマイページに求人がどんどん紹介されてきます。

気になった求人があれば応募ボタンを押せばいいだけです。

DODAのマイページ 右の応募依頼を押すだけで応募完了

 

求人を出す企業の人事・上層部と太いパイプで繋がっていて、会社のことを調べてから求人を受理するシステム。

このおかげでブラック企業が紛れ込むこと確率は非常に少ない。

中にはブラック企業の求人を受理しているエージェントもありますが、ハローワークに比べると圧倒的にブラック企業の求人数は少ないです。

 

就職支援のスキルが非常に高い

エージェントを利用すると、あなた一人に担当のキャリアアドバイザーが一人つきます。

あなたの就職相談、求人紹介等、すべてこの人がやってくれます。

 

例えば、あなたがIT系の会社で企画の仕事を探しているとします。

そうすると、あなたの希望にあった求人をドンドン紹介してくれるのです。

 

ほぼ毎日あなた向けの求人が届き、ボタン一つで応募可能。

しかもブラック企業が少ない。

 

今の世の中、エージェントを使わないで就活する人の方が少なくなってきました。

20代、30代は特にエージェントを使っていますね。

サービスの利用は全て無料ですし、使ってみるといいと思います。

 

 

ちなみにエージェントを使って転職に成功した50人に、5段階評価でエージェントアンケートを取りました。

その結果は以下のランキングになります。

 

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆

口コミ評価の高いエージェント2位「DODAエージェント」

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
★★★★☆

口コミ評価の高いエージェント3位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0
★★★★☆
3.8/5.0
★★★★☆
3.8/5.0
★★★★☆

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。