ハローワークと転職サイトどっちを使えばいい?

ざっくり今回のポイント
  • ハローワークは中小企業が多い
  • 転職サイトは大手や上場している企業が多い
  • どちらも一長一短あり、自分が何を目指すかで使い方が変わってくる

 

「ハローワークと転職サイト、どちらを使えばいいんだろうか?」

「初めての転職だし、色々な会社をみたい」

「ハローワークには登録したけど、転職サイトはどこがオススメだろうか?」

 

初めての転職ならこのような不安を挙げ始めればキリがありませんよね。

初転職者は悩みが非常に多いです。

ハローワークも転職サイトもそれぞれ特徴があり、一長一短です。

 

そこで今回はハローワークと転職サイトの特徴と転職サイトのオススメを紹介していきます

 

ハローワークの特徴

まずはハローワークの特徴を簡単に書いていきます。

 

ハローワークの一番の特徴は企業と求職者が無料で登録できるという点です。

ハローワークは厚生労働省が運営する機関です。

そして、無料で求人を出せるので、すごくブラックな求人からいい求人まで玉石混交状態になっています

お金のない田舎の町工場だって求人が出せるのが現状ですし、何回も求人を取り下げたり登録できたりします。

 

しかし、中にはいい会社(業績、会社風土、働きやすさ)でもハローワークを使って求人を出していることもあるので、求職者側をそのいい会社を見分けないといけません。

 

ブラック企業を見極める点

ハローワークのブラック企業を見極める点は

  • 求人を出している日から日数が経過している
  • ハローワークの担当者に企業情報を聞く(頻繁に求人を出しているか)
  • 面接に行き、怪しい雰囲気を感じ取る

 

特に面接に行けば一発で会社の雰囲気は分かります。

応募する前に、一度ハローワークの職員に企業情報を聞いてみましょう。

しかし、ハローワークの職員はすべての企業の様子などを把握していません。

 

ハローワークで受けられるサービス

ハローワークには仕事を紹介してもらう以外に受けられるサービスがあります。

初めての転職だと履歴書・職務経歴書が不安だと思いますが、これらの添削サービスを受けることが出来ます。

また、面接対策も受けられるで、一度受けてみるといいでしょう。

職員によってレベルは違いますが、受けないよりかは全然いいです。

一度第三者にチェックしてもらうことで、より良い履歴書を作ることが出来ます。

 

転職サイトの特徴

世の中には沢山の転職サイトがあります。

転職サイトは求職者(あなた)は全て無料で使えますが応募する企業側は無料では求人を出せません

転職サイトに企業が求人を出すには何十万とかかってしまいます。

 

色々調べるとマイナビ転職は4週間で20万から

 

DODAで35万からという掲載料です。

 

人材確保にお金が掛かるので企業の熱量が違う

ハローワークと違い、転職サイトは人材確保にお金が掛かるため熱量がかなり違ってきます。

しかも4週間の間に良い人が見つからず、人材確保できなくてもこれだけの費用が掛かってしまうのです。

そう考えると転職サイトに求人を出す企業はある程度業績が良く、お金があり、人材確保が大切だと考えている企業が多いと考えられます。

 

しかし、中にはブラック求人があるので注意が必要

しかし、残念なことに転職サイトを使ったからと言ってブラック求人にあたらないという訳ではありません。

サービス業で問題になったワ〇ミなども転職サイトを通じて募集をしていますし、

お金がある企業で転職サイトを使っているから安全!というわけではありません。

やはり、ここでも求職者がブラック企業を見極めることが大切になってきます。

 

転職サイトは大手企業が多い

ハローワークは中小企業や上場いていない企業が多いですが、転職サイトだと大手や上場企業が多いです。

となると待遇や福利厚生がしっかりしている会社が多いことにもつながります。

ハローワークと比べると、どうしても大きい会社に目が行ってしまいます。

給料面もハロワの求人よりもいいものが多いですし、企業の特徴などの詳細も明記されています。

自己分析などのツールが無料で使える

転職サイトの特徴として忘れてはいけないのは、『自己分析ツール』などが使える所です。

リクナビネクストにはグッドポイント診断という自己分析ツールがあり、約30分で出来る本格診断サービスです。

リクルートが今までのノウハウを元に独自に作ったサービスになります。

非常に分かりやすく、また自分では客観的には把握しづらいので、使った方がいいサービスです。

ハローワークと転職サイトの特徴を整理

ここでもう一度ハローワークと転職サイトの特徴について再度整理します。

ハローワークの特徴

  • 求職者、応募企業、両社ともすべて無料で使える
  • 田舎なら間違いなく強く、求人数も多い
  • 中小零細企業が多い
  • 書類添削、面接対策が出来る

 

転職サイトの特徴

  • 求職者はすべて無料。応募企業はお金がかかる
  • 大手企業、上場企業が多い
  • 待遇や福利厚生が良い会社が多い
  • 自己分析ツールなどが無料で使える

 

自分がどういう企業に行きたいかでハローワークを使った方がいいのか、転職サイトを使った方がいいのかが分かると思います。

もちろん転職は情報と行動が大切なので、両方使うのも手だと思います。

むしろ、ほとんどの人は両方使っていますね。。。

転職サイトならリクナビネクスト

転職サイトを使うならまずはリクナビNEXT を候補に入れましょう。

毎週2.6万人が新規に登録し、転職経験者の8割がこのサイトを使っています。

とにかくマンモスサイトで求人数が圧倒的です。

また、グッドポイント診断LP の自己分析ツールがあり、これが大変人気のサービスです。

グッドポイント診断の登録はこちらから
(公式HP)グッドポイント診断LP

あなたに合った転職活動の方法診断が出来ます

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です