職場のパワハラに悩む人へ!実際にパワハラを受けて対策方法をまとめてみる

 

この記事にたどり着いたということは、現在あなたは「職場でのパワハラに悩んでいる人」でしょう。

パワハラに悩んでいる人は一人で悩みがちで解決の糸口を見つけられないことがほとんどです。なぜそう思うか?それは実際にパワハラを受け、そして証拠を本社に送りつけ、ようやくパワハラから解消されたという実体験が私にはあるからです。

 

色々な対策方法を試してみましたが、パワハラを辞めてもらうには強引に対処していかないと会社として変わっていきません。

ほとんどの会社はパワハラの確固たる証拠を提出しても異動という形でしか、解決策をしません。

 

本当にパワハラを辞めさせるには証拠と記録を然るべき場所に提出することになります。

そのくらいしないとパワハラをやめてもらうことは出来ません。

 

そこで今回は、実際に受けたパワハラを紹介しながら、そして社内で訴えた実際の行動を紹介します。少しでも今パワハラで悩んでいるあなたの力になれば嬉しいです。

役職をいいことに部下に強引なことをさせたらパワハラ

パワハラの定義は何でしょうか?ウィキペディアには以下のように書かれていました。

社会的な地位の強い者(政治家、会社社長・役員、大学教授など)が、「自らの権力(パワー)や立場を利用した嫌がらせ」のことで[1]。略称は「パワハラ」、加害者は名誉毀損(めいよきそん)、侮辱罪の刑事責任を問われる場合があり、民法の不法行為や労働契約違反も成立することがある。

 

役職や職位を持っている人が部下や立場の弱い人に対して嫌がらせをしたら、それはパワハラになります。

どんなパワハラがあるのか?

では、役職や職位を持っている人がどんな嫌がらせをしたらパワハラになるのか?

 

実際に私が受けたパワハラは・・・

  1. お前は仕事が出来ない奴だと言われる
  2. ポンコツと誹謗中傷される
  3. 冗談でも「今日までの期間社員だもんな」と上司と顔が合うと言われる
  4. 高圧的な態度
  5. 計算を間違えると「お前は計算もできないのか?本当に大学出ているのか?大丈夫か?」と馬鹿にされる
  6. 仕事を回さない

 

などなど上げればきりがありません。

こうやって文章にするとなかなか伝わりづらいところはありますが、高圧的な態度、人を馬鹿にした態度で、実際に言われれば、誰だって嫌な気持ちにさせる言葉しか言われませんでした。

立場や地位を利用して部下が何も言えない状況を作り、何か反論するとまたパワハラが始まりました。

パワハラを受けている人は、その状況から逃げられない状況を作られ、永遠とその状況が続いていくのです。

こんなことを毎日の仕事で繰り返しされ、心も体も疲弊していきました。

パワハラを受けても周りの大多数、ほぼ100%の人は動かない

パワハラが解決していかない理由の一つに周りが見てみぬふりをするというものがあります。

パワハラを受けていると周りがその場を見ていても殆どの人は声を上げることがありません。

 

それは、なぜか?

声を上げることで自分もパワハラされるのではないか?と思ってしまうからです。

 

こういう周りからの協力も得られないパワハラは、なかなか解決に向かっていかず、そして孤立していくことになるのです。

パワハラを辞めさせる方法は訴えるか、証拠を本社に提出するのみ

パワハラを辞めさせる方法は大きく分けて2つあります。

 

1つは然るべき場所で会社や個人を訴えることです。この訴える場所は後程詳しく書きますが労働基準局や組合ではダメです。

二つ目はパワハラの証拠を集め本社ないし人事に送りつけることです。

ここでもいくつか注意が必要なので後述します。

まずは1つ目の然るべき場所に訴える方法を詳しく説明していきます。

1)然るべき場所に訴える

この訴えるという方法はなるべくは取らないように立ち回るほうがいいでしょう。

理由は簡単で敵を多く作り、自分が負ける可能性も上がるからです。

 

まず労働基準局や組合に相談しても何も変わりません。むしろ労働基準局、労働管理署は企業の人事とツーツーなので、自分が訴えたことが社内に漏れることがあります。

そのため、ここに訴えるくらいなら訴えない方がいいです。

 

実際私は組合と労基に行きましたが、何もしてもらえなく、ただただメンタルヘルスチェックを受けさせられただけで終わりました。

抜本的な対策は全くと言って良いほど何もしてもらえなかったので、信頼して駆け込み寺だと思わない方がいいでしょう。

 

では、一体どこに訴えるのかというと家庭裁判所です。

家庭裁判所で裁判を起こして勝つのが一番効果がある。ただし

ただし、訴える以上勝たないといけません。

慰謝料を請求し、負けた場合弁護量と逆に名誉棄損で訴えられる可能性があります。

 

しかし、逆を言えば確固たる証拠を多く持っていれば、まず間違いなく裁判では負けません。

それほど現代ではパワハラに対し、国も国民の目も厳しくなっています。

にも拘わらず組織は全くといって良いほどなにも変わっていかず、役職を持っている人が甘い蜜を吸う状態になっています。

 

何が言いたいかというと、ただ個人で動いてもパワハラを解決することは出来ません。

証拠があっても余程ではない限り、企業は人を辞めさせることができないのです。

証拠を集め、人事異動が出てもパワハラを起こしたそいつはのうのうと会社に残ることが出来るのです。

それなら、裁判をして会社もしくは個人を訴えるくらいしないと何も変えることが出来ないのです。

それだけは頭にいれておいた方がいいです。

2)証拠集めて提出する

私が実際に証拠集めをした方法はICレコーダー内蔵のペンと詳細メモを作りました。

実際に使っているペン型ICレコーダーはこちら。

アマゾンで4000円くらいで買えますし、音質は悪いですが自分の周りだけなら3mくらいなら余裕で拾えます。

これを使って音声を録音し決定的瞬間を一か月くらい集めました。

それとは別にどんなことを誰に言われ、それを言われどう感じたかをメモる癖をつけました。

実際に私がメモっていた項目は以下の通りです。

何月何日何時何分 どんなことを言われたか それを言われてどう感じたか 周りに誰がいたか

この5つの項目を永遠とメモを取り続け、そしてエクセルで管理していました。

証拠提出先は吟味したほうがいい

こういう証拠はどこに提出したほうがいいかはしっかり考えるべきでしょう。

というか音声、エクセルメモがあればほぼ100%裁判になっても負けません。

更に言えば、その事実を本社が知っていたという確固たる証拠をつかめば、それを会社として放置していたとなるので、100%裁判でも負けないでしょう。

 

話を戻して提出先ですが、出来れば人事の一番偉い人。もしくは総務の一番偉い人が良いでしょう。

そこにこんなことがずっと起こっていて精神が参っている。

なんとかしてほしいと相談してももみ消されることもあります。(実際には私は支店の偉い人に相談したところもみ消されました。)

もみ消されたらしかるべき場所にでるくらいの勇気が必要になってきます。

 

証拠があっても組織は動かない

困ったことに証拠があっても動かない組織は多いです。

むしろ「面倒ごとを起こしたなお前は・・・」と思う人も多いのが現状。さらに言えばパワハラをされたこっち側が悪いと言われることだってあります。

実際に私はパワハラを受けて証拠を会社に提出したところ、お前が悪いとまで言われました。

なので、私の場合は解決をしないなら然るべき場所にこの証拠をもっていきますとまで言って、要約パワハラをした人を違う支店に飛ばすことが出来た次第です。

 

あなたが本当に悩んでいて、証拠集めをして提出をしろ!

そしてそれでもだめなら裁判だ!とまで言いましたが、ほとんどの人はその会社で働けなくなるのでは?と思って行動に起こせなくなることが多いです。

ですが、本来はパワハラを起こす人に問題があり、そしてそれを放っておいている会社にも問題があります。

 

結果パワハラを受けた人が一番傷つく

 

悲しいことですが、パワハラを受けて対策をして、証拠を集めて、騒いで訴えてとなるとかなりのエネルギーが必要になってきます。

 

殆どの人はそれが出来ず、仮にできたとしても会社に居づらくなって辞めていくケースも多いです。

 

もしあなたがパワハラに対して、本気で立ち向かわないなら、上の対策をしても自分が傷つただけで終わることもあります。

 

その覚悟を持って立ち向かえるか。

それとも今の職場を諦め、いい職場を新しく探すかの二択になっていくと思います。

 

しかし、私は3回転職をしていますが、ここまでパワハラを受けたのは初めてでした。

いい職場は間違いなくあるので、違う職場を見つけるのいいかもしれません。

転職ならエージェントがオススメ

パワハラに対してそこまで立ち向かいたくない人も多いと思います。

そういう人は今の職場を少し耐えながら、エージェントを使って転職活動をしてみるといいでしょう。

 

エージェントはあなたと企業を結ぶパイプ役で人材紹介会社になります。

例えばあなたが働きやすい環境の企業を探して!と伝えると、社内の満足度が高い企業の求人を沢山送ってくれます

エージェントは企業の人事や社内の雰囲気に詳しいので、そういう条件を出しても色々な企業の求人を紹介してくれますよ。

 

働きながらの転職活動は大変で、特にパワハラが酷いと心と体が追い込まれます。

エージェントを使うと、求人は探してくれるし、企業との連絡は取ってくれるしで、非常に効率よく就活を勧めることができます。

サービスは全て無料なので、是非登録だけしてみるといいとでしょう。

 

20代・30代におすすめのリクルートエージェント

私が1回目、2回目の転職で使ったエージェントです。

大手だけに求人数が多く、無理な条件(働きやすい環境の会社)を伝えても色々な求人を送ってくれました。

リクルートエージェントは転職エージェントでも最大手です。

とにかく話を多く聞いてくれますし、履歴書添削、面接対策など幅広くやってくれるおすすめのエージェントです。

是非探している企業の条件で、働きやすい企業でパワハラが少ないところと相談してみましょう。

 

▼リクルートエージェントの登録はこちらから

 

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。