既卒で就職が決まらない理由は間違った就活方法

既卒者で就職が決まらない理由はズバリ、『就活方法に原因があります』

現在、多くの企業で既卒者採用が進んでいて、既卒者でも就職しやすい状況が続いています。

まずは、現在の就職方法を見直し、やり方を変えていくことが大切になってきます。

ハローワークを使っている?

現在の就活でハローワークを使っていますか?

もし、使っているとしたら、ハローワークを使った就職方法では書類選考も通りづらいでしょう。

若年層を対象とした就職支援サービスもありますが、スタッフによってレベルの差がありすぎて、

いいスタッフに当たらないと時間をかける意味がありません。

 

実際に私が使って全然書類選考が通過しなかった

私も転職活動の時にハローワークを使いましたが、正直全然書類選考が通りませんでした。

割合で言えば、通過率は2割くらいでしょうか。

送る量に対して落ちる率が高く、モチベーションが下がっていくのが自分でも分かりました。

 

転職サイトを使っている?

転職サイトを使っての就職活動もしていると思います。

リクナビネクストやマイナビなどいろいろな求人サイトがありますが、現在の内定が獲得出来ていないということは、

転職サイトでは内定獲得が難しいということになります。

多くの求人が載っているので求人選びには向いていますが、正社員を目指すツールとしては向いていないはずです。

 

転職サイト1回選考が多くなる

どういうことかというと、転職サイトの求人に応募すると、web履歴書での書類選考が始まります。

ここでは自己PRや志望理由を書きますが、この審査に通っても、もう一度しっかり履歴書を送らないといけないのです。

  1. サイト上でweb履歴書で書類選考
  2. 正式な書類選考(面接時に持参という場合もある)
  3. 面接(複数回)
  4. 内定

 

履歴書では書ききれない情報をweb履歴書に書けるので向き不向きがあります。

しかし、現状サイトを使って就活で内定が出ていない人は、明らかに自己PRと志望動機が弱い可能性が高いのです。

1回選考も多くなりまるし、あなたには向いていない就職方法かもしれません。

今の自分の就活を振り返っているか?

例えば、書類選考で落ちるのか、面接で落ちるかによって対策は変わってきます。

書類選考で落ちる場合は、書類の書き方が既に間違っている可能性が高いです。

また、面接で落ちる場合は面接で落ちる原因を突き詰めていくことが大切になります。

 

書類選考で気を付けるポイント

例えば以下の10点は書類を書くときに気を付けるポイントになります。

  • 履歴書が汚い(折れていたり・よれよれ)
  • 誤字・脱字が多い
  • 字が汚い
  • はしり書き、なぐり書き
  • 年号と西暦、漢数字と算用数字が混在
  • 正式名称を書いていない(株式会社を㈱や住所にハイフンなど)
  • 履歴書に空白が多い
  • 証明写真に気合が感じられない

 

これらかをまずは守れているかが大切になってきます。

履歴書は人に提出する書類です。

その書類を大切に書けない人は、お客様に出す書類や上司に出す書類をきちんと作れないと判断されることもあります。

まずは自分が提出している書類を再度見直すことが大切です。

 

面接試験で落ちる場合

面接試験で落ちる場合の原因は色々ありますが、

  • 質問の答えをしっかり返すことが出来ていない
  • きょどってしまっている
  • とにかく話まくっている

 

なんにしても、面接で落ちる原因は模擬面接などを通して場数を踏むことが重要です。

または、試験官に落ちた理由を聞くとか。

それが出来れば苦労しないですけどね。。。。

転職エージェントは使っているか?

既卒者で就職が決まらない人は『就職エージェント』を使った方が間違いなくいいでしょう。

エージェントは人材紹介会社で求職者(あなた)と求人を出す企業のパイプ役です。

民間企業が運営するハローワークのイメージを持ってもらえればOKです。

エージェントはあなたに求人を紹介、履歴書添削や面接対策などのサービスを無料で受けられます。

就職支援のレベルもハローワークに比べると高く、書類選考、面接試験の通過率が一気に上がりますよ。

 

もし本当に就職できなくて困っているならエージェントを使った方がいい

本当に就職できないで困っていることと思います。

しかし、エージェントを使っての就職を今までしてきましたか?

もし、エージェントを使ったことがない人は、下で紹介する『いい就職.com』を使ってみてください。

何故もっと早くエージェントに登録しなかったのかと後悔するかもしれません。

それほど、就職支援サービスのレベルが高く、あなたと同じように本気で悩んでいる既卒者を内定へと導いています。

既卒者なら『いい就職.com』が圧倒的にオススメ

既卒者にオススメしたいのは『いい就職.com』です。

何といっても既卒者・第二新卒者を対象としたエージェントでは日本最大規模で、すでに17万人が登録しています

求人も多く集まっていますし、実績もあるので文句なしのエージェントです。

徹底してブラック企業の排除した運営をしているので、安心して使えます。

拠点は東京、大阪、名古屋、横浜にあるので、あなたの家から一番近い所を使えばOK。

また、郵送・電話・メールでもサービスを受けられるので、実質全国が対象地域になります

いい就職.comが運営している求人サイトで自分で求人を探せるのも特徴です。

対象者 拠点一覧 求人内容
既卒者・第二新卒者

東京・名古屋・大阪・横浜
(メール・電話・郵送でもサービスは受けらる)

営業、事務、経理、企画、IT、専門、クリエイティブ、管理、広告、サービスなど

<いい就職.comの登録はこちらから>
(公式HP)日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」  

 

『いい就職.com』の登録から内定までの流れと気になる疑問の詳細
↓↓↓

いい就職.comの登録から内定までの流れ

まずは無料会員登録をしましょう。

下記のリンクからいい就職.comの公式サイトに飛んで登録してみてください。

いい就職.comの簡単1分会員登録はこちら
日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」 

登録内容は12個

登録する内容は12個だけです。

希望パスワードを書く理由は、いい就職.comは求人サイトも運営していて、そこの求人も申し込めるようにするためです。

既卒向けの求人がどっさり掲載されていますよ。

他のエージェントだと経歴などを書くので面倒臭いですが、ここは話の中で聞いていけばいいというスタンスです。

 

登録をするとアドバイザーから電話もしくはメールが来る

12個の必須項目に記入して登録をすると、後日就職アドバイザーからメールか電話で連絡がきます。

早い人で当日、遅い人で2~3日くらいです。

大手のエージェントとは違って審査はありませんので安心してください。

ただし既卒者、第二新卒者に限ってサービスを使うことが出来ます。

メールか電話の内容は今のあなたの現状や、希望する業界、仕事、不安なことなど。

またこの連絡で直接会ってヒアリングをする日程などの打ち合わせの打診もあります。

 

アドバイザーと直接会って、ヒアリング+個別企業紹介

いい就職プラザは全国4か所(東京、名古屋、大阪、横浜)

直接会って求人紹介やヒアリングを受けることになります。

ここで紹介してもらった求人、もしくはサイトを使って気になる求人を受けることが出来ます。

仮に4か所の拠点から遠い場所に住んでいても、メールと電話でサービスを受けることが可能です。

 

スキルアップセミナー・模擬面接など

セミナーや模擬面接・履歴書添削なども無料で受けることが出来ます。

また、時間がない場合は受けなくてもいいですが、不安な人は受けたほうがいいでしょう。

毎日何らかしらの講座やセミナーが開催しています。

企業の人事を読んで『人事が採用時に見るポイント』などを話してくれるセミナーもありますよ。

 

面接・インターンシップ・推薦など選択肢がある

求人よっては面接を受けるか、インターンシップに参加するか、推薦をもらうか選択肢があります。

インターンシップは給料が出ますし、推薦はいい就職.comから出してもらえます。

勿論、そこに行くまでの審査はありますよ。

 

いい就職.comのQ&A

Q:いい就職.comには社会人経験のない既卒者も登録できるのですか?


A:もちろん登録いただけます。いい就職.comに掲載されている企業のほとんどが既卒者の応募も積極的に受け付けており、公務員試験や司法試験へチャレンジしていた人が、進路を民間企業への就職に切り替え、就職し、ビジネスマンとして数多くの人が活躍しています。

Q:いい就職.comに登録し、サービスを受けるとお金がかかるの?


A:費用は一切必要ありません。全てのサービスは無料でご利用いただけます。運営にかかる費用は、登録企業の採用予算によってまかなわれていますので、安心してご利用ください。

Q:いい就職.comにはどんな企業の求人情報が掲載されているの?


A:誰もが知ってる大手有名企業から、設立されたばかりのベンチャー企業まで、いい就職.comにはさまざまな企業の採用情報が掲載されています。掲載企業に共通する点は「未経験であっても意欲の高い若者を採用し、しっかりと育てていきたい」と考えているという点。なかでも、ここ数年以内に株式公開を目論んでいるミドルステージにあるベンチャー企業が多く、新卒・既卒・第二新卒者のみなさんにとってチャンスのある企業が多いのが特徴です

Q:インターンシップ期間の給料はどうなるの?


A:インターンシップ期間中は、それぞれ受け入れ企業の規定によって報酬(アルバイト料)が支払われます。金額は企業によってまちまちですが、通常、日給8,000円~10,000円といったケースが多く、一般のアルバイト料と比較して高くもなく安くもないといった範囲で設定いただくケースがほとんどです。

Q:希望する企業の選考は必ず受けることができるの?


A:残念ながら、全ての企業の選考を無条件で受けることができるわけではありません。選考受験を希望される企業があれば、まずは就職アドバイザーから企業情報の詳細についてご案内させていただき、そのうえで選考希望ということであれば応募書類をご用意いただきます(履歴書やエントリーシートなど)。弊社で応募書類をお預かりし、登録企業の採用責任者の方へお預かりした書類と、弊社で作成する応募希望者の推薦書を提出し、応募者の打診を行います。第一のステップである書類選考を確実にクリアするために、履歴書やエントリーシートの記入事項などを担当就職アドバイザーから詳細について細部までしっかりとアドバイスいたしますのでご安心ください。

Q:インターンシップをスタートするにあたっても選考があるの?


A:あります。ブラッシュアップ・インターンシップ制度は、あくまでも正社員採用を前提とした期間限定のものですので、正社員として採用するときと同様の選考をお受けいただくことになります。

Q:インターンシップ後の正社員としての採用確率は?


A:おおよそ75%~85%程度です。事前に正社員採用時と同様の選考が行われるため、採用確率はきわめて高いのが特徴です。実際に社員採用にならなかったケースにおいてはその半数以上が、「日々働く環境が自分には合わないと感じた」「入社前のイメージとギャップがあった」という、求職者からの入社辞退によるものです。

Q:地方在住でなかなか東京までいくことができない。メールや電話による企業紹介は可能?


A:はい、可能です。必要書類等は郵送でお送りいただくことになりますが、通話料無料のフリーダイヤルで企業詳細情報や応募書類の記入などのポイントについてアドバイスいたします。ただし、書類審査通過後の希望企業の面接選考の場合は、直接企業に訪問する必要があります。それまでのステップについては遠隔地にお住いの場合については、電話やメール、郵送によって就職活動をサポートします。また、大阪にも「いい就職プラザ」がございますので、お近くでしたら、そちらもご利用下さい。

既卒者なら間違いなくオススメ!

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

既卒者は社会的に求められている傾向にあるので多くの企業で欲しがっている現状があります。

また、いいエージェントもあるので、活用していけば内定を取りやすい環境が整うでしょう。

今まで就職が出来ていない人は、これを機にエージェントを使うのもいいと思います。

登録をして今動き出すか、先延ばしにするか。

全てあなた次第ですが、きっとその行動の先に内定があると信じています。

対象者 拠点一覧 求人内容
既卒者・第二新卒者

東京・名古屋・大阪・横浜
(メール・電話・郵送でもサービスは受けらる)

営業、事務、経理、企画、IT、専門、クリエイティブ、管理、広告、サービスなど

<いい就職.comの登録はこちらから>
(公式HP)日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」 

あなたに合った転職活動の方法診断が出来ます

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です