第二新卒の面接コツ|気を付けるポイントを徹底分析

第二新卒の面接は新卒の時とは内容が変わってきます。

新卒時は実務経験がなかっただけに受ける企業への熱意や人柄・コミュニケーション能力で評価されました。

しかし、第二新卒は1年~3年という社会人としての実務経験があるのでPRするポイントが新卒時とは変わってきます。

今回は第二新卒の面接で気を付けるポイントを詳しく見ていきましょう。

第二新卒と新卒の面接で違うポイント

新卒と第二新卒の面接で変わってくるポイントは『実務経験がある』という点です。

新卒の就職採用基準はこれからの成長を見込まれて採用されることが多く、

また人事が主体になって採用活動を進めていきます。

 

第二新卒の場合は、社会経験があるので即戦力を求められる部分もありますが、入社意欲や転職理由を重視する傾向があります。

また、第二新卒は現場や配属先の部門長が採用を担当するケースがあります。

企業が第二新卒を求める理由

マイナビ転職が第二新卒を採用した企業にアンケートを取った結果が上の表です。

一番の理由は『入社意欲の高さ』。

次いで『一緒に働ける人材か』、そして『志望動機』が続きます。

入社意欲の高さ・志望動機に隠された意味

この入社意欲の高さ・志望動機が上位に来る理由が第二新卒の就活では大きな意味を持ちます。

というのも第二新卒の面接では必ず聞かれる質問が存在して、その質問で志望動機と入社意欲の高さを図ることができてしまうのです。

第二新卒の面接で聞かれる質問

第二新卒の面接では必ず聞かれる質問があります。

そしてその質問の意図は企業にとって『入社意欲の高さ』と『志望動機』を図る意味で重要になってきます。

 

辞める(辞めた)理由が必ず聞かれる

新卒の時はそもそも仕事をしていないのでこの質問をされることはありません。

なぜ今の仕事を辞めて、受ける会社に入りたいのか?というのは非常に企業側からしたら知りたい内容です。

特に企業は辞める(辞めた)理由をから仕事への情熱や粘り強さ、責任力などを見ようとしています。

 

前職での実績・失敗などを聞かれる

前職での失敗や実績も必ず聞かれる質問の一つです。

この質問の意図は『失敗を具体的に乗り越え、次に生かせる仕事が出来る』かというポイントです。

仕事をしていれば失敗がつきものですが、失敗を通し社会人としてどう成長したかを見ようとしています。

 

実績を聞く意図は『前職での売り上げに貢献したか』というポイントになります。

仕事は利益を生み出すものなので、どれだけ企業に貢献できたかがポイントになります。

この二つの質問をすることで、人材のポテンシャルを図ろうとしています。

 

配属先が決まっているので具体的な質問が飛んでくる

新卒採用の時は配属先は人事によって決められます。

しかし、中途採用の場合は入社後の職種が決まっていて、その職種に募集することがほとんどです。(営業だったら営業の仕事に応募する)

 

配属先が決まっているので、その職種に応じた具体的な質問が飛んできます。

前職で同じ職種を経験した場合は、数字や実績を聞かれるでしょう。

 

第二新卒の面接ではより具体的に回答していく

 

第二新卒の面接を乗り越えるコツは回答をより具体的にしていくことが望ましいでしょう。

  • 何故その失敗をしたのか
  • その失敗をどう乗り越えたのか
  • どうしてその仕事を辞めて受ける会社に入りたいのか
  • その会社に入って何ができるのか

 

一つの質問に対しより具体的に深く掘り下げていくことが大切になっていきます。

『ネガティブな内容を言うな』は嘘

面接のイロハなどを読んでいると『ネガティブな内容は面接では言わないように・・・』

と書かれていることがありますが、あれは嘘です。

ほとんどの求職者はネガティブな情報=面接官にマイナス情報と考えるので多くの求職者は面接時にネガティブな情報を言いません。

しかし、ほかの人と同じことを言っても面接官の印象には残りづらく、影が薄い存在になってしまいます。

 

大切なのはネガティブな情報を元にポジティブに捉えてもらう

他の求職者と差別化を図ることで面接活動では大切です。

しかし、トガリすぎて差別化を図っても落ちるだけです。

大切なのはあえてネガティブな情報を伝え、そのネガティブな情報をポジティブにもっていくことです。

失敗談も失敗だけを語るのではなく、

  • どうして失敗したのか
  • 失敗して何を感じたか
  • 次に失敗しないためにどういう行動をとったか
  • その行動でどんな成功を生み出したか  ← ポジティブ!

 

という風につなげれば、面接官には自分で考えて問題を解決できる能力があると思われます。

この考え方も先に紹介した具体的な回答を心がけるに近い部分はあります。

 

模範解答は準備するな

面接は不安なので模範解答を準備したくなると思います。

 

ですが、模範解答を覚えることで実際の面接試験で自分の良さがいきないことがあります

大切なのは今までやってきたことを具体的に評価することとこれからの自分の思いを形にしていくことです。

面接では「なぜ落ちたのか」の理由が知りたい

「面接試験で手ごたえがあった!」と思っていても、落ちることってありますよね。

上で紹介したポイントを抑えても、企業によって面接試験の判断基準が違う所も多いです。

 

しかし、第二新卒に特化したエージェントの中には企業と太いパイプでつながっているので

もし仮に選考に落ちても『何故落ちたのか』を明確にして貰えるエージェントがあります。

第二新卒の就活ではエージェントが効率がいい

画像はDODAのエージェントサービス

転職エージェントはご存知ですか?

人材紹介会社とも言われていて、求職者(あなた)と求人を出す企業のパイプ役です。

求人紹介、履歴書添削、面接対策等、質の高い就職支援サービスをすべて無料で受けることが出来ます。

 

実際私はハロワ・転職サイトを使っての就活をしたんですが、その二つと比べると内定獲得率が歴然でした。

  • ハロワ/転職サイト:履歴書・面接突破:2割~3割
  • エージェント:履歴書・面接突破:約5割

 

面接の通過率が高いのは、エージェントから紹介された求人が企業のニーズと私のニーズがマッチしたものだったと考えています。

第二新卒特化のエージェント:第二新卒エージェントネオ

既卒・第二新卒に強い転職エージェントになります。

利用者の多くは第二新卒者で、入社して2カ月で退職してしまった第二新卒者を再就職させる程の実力を持っています。

書類や面接対策だけでなく基礎的なマナー研修等も充実しているため、内定率を飛躍的に向上させることができます。

厳選された求人のみを紹介し、私達の大敵であるブラック企業を回避することが出来ます

対象者 拠点一覧 求人内容
既卒・第二新卒・フリーターなどの29歳まで 東京・大阪 営業、事務、広告・メディア、IT等

以下第二新卒エージェントネオの詳細と内定までの流れ

 

第二新卒エージェントネオの登録から内定までの流れ

 

登録は簡単1分 

まずは公式HPに行き、転職サービスに無料登録してみましょう。

登録はこちらから
(公式HP)【第二新卒エージェントneo】

記入する項目は上の画像の項目に加えて、生年月日、現在の状況などを選択するだけなので、簡単です。

 

登録後、アドバイザーから電話かメール連絡が来る

登録後、担当のアドバイザーから電話かメールで連絡が来ます。

早い人なら当日、遅くても2~3日では連絡が来るはずです。

ここでは、簡単に希望する仕事や相談などを話をする程度です。

この電話で、実際に会社訪問してキャリアカウンセリングを受けられる日時の話が出ると思います。

 

当日キャリアカウンセリングを受けて、求人紹介や就職相談

キャリアカウンセリングは東京か大阪で受けることが可能です。

また、当日は求人紹介に加えて就職相談も受けています。

また、ここで紹介される求人以外も今後はメールで送ってもらうえます。

 

気に入った求人に申し込み、もし選考に落ちても対策が練られる

気に入った求人が見つかったら選考に参加出来ます。

そして、このエージェントのスゴイところは、選考に落ちた場合、対策を練ることが出来ます。

面接当日のフィードバックをもらえるためです。

 

第二新卒エージェントネオのQ&A

Q:まだ就職・転職するか明確に決めてないんだけど・・・


A:プロの就活アドバイザーが市場状況も含めお話させて頂くので、これからの情報収集にも役立ちます。
必ずしも明確に就職を決めていなくても大丈夫です。

Q:第二新卒エージェントにはどんな求人があるの?


A:総合人材サービスの強みを活かし、営業・事務・エンジニア・サービス etc・・・と様々な求人がございます。

Q:職歴がアルバイトだけでも大丈夫?


A:ご紹介させて頂く求人の多くが未経験OKですので、ご安心下さい。

 

第二新卒エージェントネオで面接は怖くない

第二新卒エージェントネオは第二新卒に特化したエージェントです。

エージェントとしてのサービスも質が高く、ブラック企業を排除した経営を行っています。

何といっても新卒で入った会社を2か月で辞めた第二新卒も2か月で内定を出させるサポート力が強みです。

面接試験でなぜ落ちたのかが分かるので、改善していくことで内定が非常に近くのなるのでオススメです!

対象者 拠点一覧 求人内容
既卒・第二新卒・フリーターなどの29歳まで 東京・大阪 営業・事務・エンジニア・サービス など

第二新卒エージェントネオの登録はこちらから
(公式HP)第二新卒エージェントネオの登録はこちらから

あなたに合った転職活動の方法診断が出来ます

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です