転職エージェントが合わない時にする対処方法

 

「そんな経歴でよく就職しようと思ったね?」

と言われたニートや第二新卒の人がいるという情報を得ました。こんなこと言われたらメンタルブレイクですよね。僕なら次は行きませんね。

このように転職エージェントのカウンセラーと合わないのは致命的です。

しかも、評判がいいと友人や口コミで書かれていてもその担当者に当たる確率は低いです。

 

転職エージェントは使った方がいい

むかつくことを言われたり対応が悪かったりするときもありますが、エージェントは使ったほうがいいでしょう。

求人紹介は最悪パスしてもいいですが、就職相談、書類添削、面接対策は絶対うけることにメリットがありますこれを受けるか受けないかでは確実に内定率に影響がでます。

 

転職エージェントの担当者が合わない場合は?

 

一つ目のエージェントで合う担当者に当たる場合と合わない担当者に当たる場合があります。合う担当者に当たっても希望する求人を紹介してくれるか分かりません。博打的要素が含まれています。

 

それだったら、合う担当者に当たった方がいいですよね?

 

そこでもし担当者との相性が悪かった場合は「具体的な理由を伝え担当者を替えてもらいましょう。」担当者が変わることで紹介してくれる求人も変わってきます。

エージェントにもよりますが、担当者が気にいらなかった場合は変更が出来ます。(ほとんどのエージェントでは変更できるはず)

 

僕が使ったマイナビエージェントやリクルートエージェントも変更できましたね。

 

担当者によって雲泥の差がでてしまうのがエージェントなので、担当者が合わないと思ったら即変えてもらいましょう。エージェント側は求職者に仕事が決まればいいだけなので、気にすることはありません。

 

転職エージェントを変える

もし担当者を替えても対応が悪い場合はいっそのこと「転職エージェントを替えてしまいましょう。」

転職エージェントは無料ですし、目的は仕事を決めることですよね?そのエージェントを使って内定がでないならエージェントを替えてみるのがいいでしょう。

 

最低2つはエージェントを使う

個人的には就活を始めたらエージェントは最低でも2つ使うことをお勧めします。

1つのエージェントのみだと紹介される職種などにもばらつきが出ますし、なにより担当者が合わない場合はそれだけで時間がくわれます。

 

2つ使っていればどちらかがダメでも、もう一方が良い可能性もあります。

 

 

オススメエージェント(実際に使ったエージェント)

僕は以下の二つのエージェントを使いました。

正直最初は大手で名前を知っているということで選びましたが、やはり大手の方が求人数が多くて安心して使えました。

マイナビエージェント

何と言っても会社に行かなくても電話とメールで対応してくれるところが最高です。

電話とメールで就職相談、ポイント、書類添削、応募先企業の担当者情報とうすべて細やかに教えてくれました。

たまたま僕が当たった担当者がいい人だった可能性はありますが、僕は使って大満足でした。

マイナビエージェントの詳細はこちら ☞ マイナビエージェント

 

リクルートエージェント

転職エージェントでは業績№1のエージェントです。

規模も大きく求人数も多いです。色々な職種がそろえっているので色々な求人を検討しているひとにはお勧めです。

僕はマイナビエージェントとリクルートエージェントの2つ使いでいきました。

どちらも1発目でいい担当者に当たったんのは運が良かっただけかもしれませんがね…。

リクルートエージェントの詳細はこちら ☞  【リクルートエージェント】

 

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です