転職エージェントは使うべきか。実際に使ってみて、うまく行かなかった

 

転職エージェントは使うべきか、使わないべきか。

就職方法の1つに転職エージェントが挙げってきますが、

正直、使うべき、使わないべき論の結論から書きますと『人による』としか答えようがありません。

 

確かにエージェントを使うと、企業とのやり取りがなくなり、エージェントを介しての就活になります。

受ける企業の福利厚生や給料、平均勤続年数など、自分一人の就活では聞きづらいことも、

エージェントを介せば、企業側に聞いてくれます。

 

自分の希望に合った求人、例えば年収400万以上、全国転勤なし。業界はITなど。

自分で転職サイトやハローワークを通して求人を検索しなくても、エージェントの担当者が求人を送ってきてくれます。

 

こうやって書いていくと、「エージェントって超便利じゃん!?」って思うかもしれませんが、

少し落とし穴もあるので、エージェントの利用は使うべきか、使わないべきかを一言では言い表せません。

エージェントはより受かりやすい求職者を企業に推薦する

どういうことかと言うと、

1つのエージェントから複数人の求職者が1つの企業に応募します。

大手の企業になるほど応募者は多く、数百人規模の求職者が集まることもあります。

 

そして、エージェントはこの求職者から吟味した人を『この人はオススメです!』と企業に紹介するのです。

 

そうなんです。

応募した時点でエージェントから求職者の優劣情報が決まっていて、企業に伝わるのです

 

よく考えてみてください。

あなたが企業の人事で数百人規模の応募者がいたら、オススメです!と書かれている人に目が行きますよね?

全ての人の履歴書を隅々まで見るなんて時間はないので、オススメ順に見ていくことが予想されます。

 

経歴や経験が乏しいと思う人はエージェントを使ってみても履歴書が全然通らないってことがあると思います。

実際私は空白期間が1年あり、就活を開始しましたが、エージェントは全くと言って良いほど履歴書が通りませんでした。

しかし、不思議なことに、転職サイト(リクナビネクスト、マイナビ転職、エン転職)などの求人は不思議と通りました。

 

この時私は確信しました。

エージェント側で応募者の優劣をつけられ、もしかしたら企業に履歴書すら渡っていない可能性もあると。

 

エージェントは求職者によっては応募しても、企業に履歴書が届いていない可能性がある

エージェントを使うと応募が非常に簡単です。

ボタン一つで応募が完了してしまうからです(笑)

 

下の画像はDODAの私のページですが、各求人の右側に『応募依頼する』というボタンがありますよね?

このボタンを押して画面が切り替わり、応募完了になります。

応募が超簡単なんです。

 

 

エージェントのシステムは求職者→エージェント→エージェント営業→企業になっています。

求職者はボタン一つで応募出来、エージェントに情報が行きます。

そこでエージェントの担当者が推薦状などを書き、営業に吟味させ、優劣をつけます。

最後にその求職者の履歴書、推薦状を企業に渡すので、本当に企業に自分の履歴書が届いているかが分からないのです

 

転職サイトでは、応募すればまず100%企業の人事に届きます。

ハローワークでも同じことが言えます。

ですが、エージェントの場合は本当に企業の人事に履歴書が届いているのか?

エージェントで取捨選択されているのでは?と思うことがしばしばあります。

 

空白期間が長い人はエージェントを使うことはあまりオススメできない

 

実際に私は1年間の空白期間があり、就活をしました。

その時エージェントに言われたのは、

「空白期間が三か月、六カ月、1年とあると、企業によってはそれだけで書類選考が通らないことがある」と。

 

これはつまりどういうことか言うと、捉え方によっては

「私たちエージェントは企業から空白期間の情報を頂いています、よってその条件に合わない求職者は企業にも履歴書を送らないですよ」

って言っているのと同じことになります。

 

だって、そうでしょ?

企業の空白期間を知っているなら、その条件に合わない人の履歴書を企業に送る訳ないですよね?

30歳までしか応募出来ませんと表には出てこない求人に応募した30歳の履歴書を、

企業側にエージェントが送る訳ないじゃないですか。

 

もし、企業の条件に合わない人の履歴書を送った場合、企業側が思うことは「こっちの希望にそぐわない人の履歴書を送って来る。本当にあのエージェントは大丈夫か?こっちはお金を払っているんだぞ」

ってなるに決まっています。

 

こう考えると、エージェントでフィルターを掛け、企業の条件に合わない人の履歴書を送っていない可能性がありますよね。

よって、空白期間が長い人はエージェントを使うべきではありません。

目安としては半年以上の人はまず使うべきではないかもしれませんね。

 

自分のペースで就活をしたい人は使うべきではない

エージェントを使うと、どうしても

「はよ就職せい!」という感じで急かされると感じる人がいます。

 

これは担当者にもよるので、なんとも言えませんが、

エージェントは内定を出してお金をもらうシステムなので就職を急かすのも仕事の一つかもしれませんよね。

 

エージェントを使うべき人

エージェントを使った方がいい人も当然います。

①就職活動があまり進まない人

就職活動が面倒くさいって思ってなかなか進まない人もいると思います。

そういう人は自分の力だけでは、なかなか行動に移せないのでエージェントを使って尻を叩いてももらうのがいいでしょう。

 

②初めての転職で就活が不安な人

初めての転職活動って不安ですよね。

1つの会社しか知らないので、本当に自分が他社で通用するのか分かりませんし。

また、どうやって就活をしたらいいか迷いますよね。

 

そういう人はエージェントについてもらい、就活のイロハを覚えるのが良いでしょう。

人事に好かれる履歴書添削、過去に聞かれた質問を知ることが出来る面接対策など、有意義な情報も多いです。

 

③ハローワーク、転職サイトの就活で勝率が良くない人

ハロワ、転職サイトを使って既に就活している人で、勝率が低い人はエージェントを使うべきです。

書類選考が通らない、面接が通らないは、何か原因があるはず。

もしくは転職サイトなどの自分で就活する方法が向いていない可能性も考えられます。

 

④忙しい人

働きながら就活をしている人は、求人を調べる時間も取れない人もいます。

仕事が終わり家に帰った後に就活をするなんて、ハード以外の何物でもありません。

 

しかし、今よりもいい会社に入りたい。

そんな人はエージェントを使って、自分の希望に沿った求人を送ってもらい、

履歴書もエージェントのフォーマットに沿った履歴書を作り、

面接対策でも手厚く支援してもらいましょう。

 

忙しい人でもエージェントを使えば効率良く就活が出来ます。

 

もしエージェントを使おうと考えているならマイナビエージェントがオススメ

 

マイナビエージェントは20代、30代の若手に支援されているエージェントです。

求人数が多く、就職支援の質も高いのが特徴です。

 

何といっても、ここは利用期間が長く、就職を急かされることがありません。

「いい会社があったら受けたい」くらいの人にオススメです。

 

転職成功者50人に利用したエージェントを5段階で評価してもらいランキングを作りました。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェントの公式サイト(登録1分・履歴書不要) 

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆

口コミ評価の高いエージェント2位「DODAエージェント」

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
★★★★☆

口コミ評価の高いエージェント3位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0
★★★★☆
3.8/5.0
★★★★☆
3.8/5.0
★★★★☆

 

あなたに合った転職活動の方法診断が出来ます

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。