40代でリストラ。その後の人生が悲惨。

 

40代でリストラされたら、悲惨だ。

そうなるように準備しておけと言っても、なかなかピンと来ない人が多いと思います。

 

特に大手の企業でさえ利益確保が難しく、

人員削減の流れはこの先も加速していくことでしょう。

そして調べていくと、40代でリストラに合った人たちの生活は本当に悲惨で、目も当てられません

40代でリストラ後、離婚

このパターンは本当に多いです。

リストラ後離婚というケースが非常に多いです。

40代で職を失い、家族まで失う。

 

何故リストラ後に離婚に合うかというと、

教えてgooに書かれていた主婦のコメントが非常に分かりやすかったです。

ここで転載します。

 

質問者は40代でリストラ後離婚された人です。

回答は以下の通り

こんにちは。

40代前半既婚女性です。
妻や子を借金取りから逃れさせるためだけの
偽装離婚は別ですが、
本当の意味で離婚しているとしたら
私が思うのは
「この人とならどんな苦労も乗り越えて
助け合って生きていける!」
そういう思いや夫婦の絆が構築できていない場合が当てはまるのではないでしょうか?

結婚は一艘の船に乗り込んで
荒海に漕ぎ出すようなものです。
舵取りを交代しながら
話し合いをしたり助け合いながら
人生の荒海を共に漕ぎ渡っていく相手が結婚相手でもあります。

その船が沈もうとしている時に
選択肢は沢山あると思います。
もっといい船にうつる、
さらに酷いボロ船にうつることになっても
「この人と一緒に海に沈むのは絶対いや。それなら自分ひとりで沈んで行く方を選ぶ」そういう人
二人一緒の沈みかけの船でも、必死で二人で頑張る人。
沈みかけの船になってしまった原因を作った人間は
船で寝そべって気楽にしているのに
もう片方だけが必死で水をかい出している船。

いろんな船が広い荒海に沢山漂っているのです。

さて、「旦那がお金を稼ぐ機械だとしか思っていなかいから
リストラ倒産したら、離婚するのか」ということについて。
確かにそういう気持ちで暮らしている奥さんは、いると思います。
でも結婚初日からみんながそういう気持ちだったのでしょうか?
長い結婚生活のなかで、そういうふうに考えないと
生活していけない様々な出来事があったから
考えが寂しい方へ変わったのだと思います。
それは旦那さんの方にも同じことが言えると思います。
奥さんをただでSEXと家事を担当してくれる人、と思うようになる
様々な出来事が・・・。

たいてい、「お金さえ稼いでこれば、いいのよ。」という妻の夫は
「掃除洗濯子育てさえしておけばいいんだ。」
そういうことをいう夫でもあります。
似たもの夫婦なんですよね。

 

 

うーむ、非常に分かる回答です。

40代で離婚される人の特徴としては仕事ばかり、家庭を顧みていない人。

もしくは、精神的に弱く、この人と生きていいけないと思われたなどなど、色々なケースがあると思いますが、

確実に言えることは、結婚生活を大切にしていなかった人ではないでしょうか。

 

40代でリストラにあい、そして家族もいない。

リストラによっていろいろな問題があぶりだされた訳です。

 

再就職できなく、アルバイト生活

40代でリストラに合った場合、再就職が難しいです。

今の世の中、いくら人手不足と言っても、あえて40代を取ろうという企業は多くはないでしょう

 

余程のスキルや経験がないと、40代というだけで、使いづらいと煙たがられるかもしれません。

更に年収もリストラ前に合わせないといけないと企業も思うので、非常に雇いづらい。

 

40代の再就職は難しく、就活を始めても書類すら通らず、そしてアルバイト生活になる人も多いです。

アルバイトとは言わなくても、派遣社員や非正規で働いている人も多くいるのが現状です。

 

住宅ローンどうする?

夢のマイホームを買ってしまった人はどうするのでしょうか?

35年ローンで30代半ばでかっても、数千万が残っているはずです。

 

「別に売ればいいじゃん?」と思う人もいるかもしれませんが、

買ったときからどの位価値が落ちているか知らないからそういうことが言えるのです。

 

数千万の残りがあり、住宅を売ったからと言って、いくらローンが削られるのか。

ローンを組んで、更にリストラにあったら、本当に悲惨だと思います。

 

子供の教育費どうする?

子供がいる家庭もあると思います。

急にリストラに合った場合、子供の教育費はどうなるのでしょうか。

大学、専門学校、など子供の夢を後押ししたいと思うのが親ですが、

リストラに合ったせいで子供の夢を後押しすることもできないかもしれません。

 

リストラ対策は個人では出来ない

リストラに合わないようにする対策は個人ではどうしょもないです。

いくら仕事を頑張っても、リストラに合うときは合います。

会社の業績は個人ではどうしょもない部分ですので。

 

しかし、リストラ後に自分の生活を少しでもよりよくする対策は出来ます。

家族がいるなら、今からでも家族サービスを少しでもする。

掃除洗濯などの家事を手伝う。

無駄使いを減らし、貯金を作る。

などなど、日々の生活をすこしずつ見直すことで、不足な事態に陥っても何とか対処する方法はあるはずです。

 

リストラに合った場合の再就職方法

40代からの再就職は難しいと書いていきましたが、チャンスがない訳ではありません。

最後に40代でも再就職を狙えるサービスを紹介して終わりにしたいと思います。

 

東京都内で最終を狙う44歳までの人向け『就活エクスプレス』

就活エクスプレスは30歳~44歳の就職支援サービスです。

東京都が委託している事業で、非常にお金をかけています。

正社員未経験者でも使えるサービスで、まずは説明会に行く必要があります。

下記ボタンを押し、就活エクスプレスのページに飛び、必要事項を記入してください。

説明会日程は空白のままで登録OKです。

送信後、記入したメールに説明会の日程が送られてきます。

 

▼就活エクスプレスの詳細と登録はこちら

 

就活エクスプレスならリストラ後の再就職実績もある

就活エクスプレスならリストラ後の就職実績も多くあります。

説明会参加⇒5日間の講座に参加⇒書類選考なしの面接会

という流れですが、ここまですることによって、内定率が高くなっています。

まずは説明会に参加してみることをオススメします。

就活エクスプレスの詳細

公式HP:【就活エクスプレス】

※上記URLから飛ぶと詳細などが分かります。

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。