30代からの正社員って難しい?書類選考なしで内定を勝ち取ろう

30代からの正社員への就職って難しいと思っている人が多いです。

実際、今までは30代、40代で正社員を目指すの非常に難しかったですが現在は売り手市場。

30代からでも正社員になれるハードルが非常に下がっています。しかし、売り手市場は一過性のものなのでいつまた買い手市場に戻るか分かりません。

今回は30代からでも正社員を目指す方法を紹介していきます。

 

正社員を目指せる方法を可能性が高い順に説明していくと

  1. 30代、無職でも使える転職エージェント、就活エクスプレス を使う(東京都で就職可能な人)
  2. ハローワークで対象年齢が高い求人を探す
  3. 転職サイトで数を打つ

 

特に1と2が正社員になれる可能性が高いです。ハローワークの求人もチャレンジする価値はありますが、いきなりに正社員では内定を取るのが難しいのが現状です。

 

30代から正社員を目指す方法が少なかったが、今は30代でも正社員を目指せる

30代で無職、派遣、フリーターから正社員を目指す方法がないのが「30代からに正社員が難しい」と言われている原因です。

企業は若手と即戦力のどちらかを求めます。

若手は企業にとって長く働いてもらえるのでその分履歴を生み出すと考えるので若いだけで市場価値が高いです。

即戦力は取ってすぐから利益を生み出す可能性が高いです。

その点、30代無職、フリーター、派遣だと若くはないし即戦力でもない。

こういう理由で30代からの就職は非常に難しいと言われています。

今まで職歴がない人は更にです。

 

しかし、売り手市場の現代では企業も求職者が会社を選べ、また慢性的な人手不足な理由から30代を希望する企業が増えてきています。

売り手市場・慢性的な人で不足

30代が就職するためには売り手市場・慢性的な人手不足が影響してきます。

特に現在は売り手市場で就職率も非常に高いです。そこに慢性的な人手不足が加わっているのでどの企業もいい人材を確保するために躍起になっています。

新卒の就職率は過去最高の97.6%

日本経済新聞が出した記事に「新卒の就職率が過去最高で97.6%」だったと記事になったのは記憶に新しいことです。

大卒就職率、過去最高の97.6% 4月時点、女性が好調(外部サイト) 

 

新卒の就職率はその時の就職市場を色濃く反映しています。

ここ数年は非常に就職率がよく、売り手市場が続いています。

中小企業の約5割が人手不足を実感している

売り手市場に続き30代の就職を後押ししているのが企業の人手不足です。

上のグラフは帝国データバンクが2017 年 7 月 18 日~31 日に行った調査です。調査対象は全国 2 万 3,767 社で、有効回答企業数は 1 万 93 社(回答率 42.5%)

2017年7月時点で45.4%の企業が正社員の人手不足を実感。あわせて非正規でも29.4%もの企業が人手不足を実感しています。

 

このような現状で企業は若手・即戦力を求めているが、売り手市場・人手不足という状況で30代、40代をターゲットにする企業が増えてきています。

ハローワークだと30代、正社員未経験から正社員を目指すのは難しい

ハローワークでも募集年齢が高い求人をピンポイントに就職活動をすることも可能です。

ハローワークは地元の中小零細企業が使うことが多いので、人手不足の会社が多いですが、それでも30代未経験だと仕事を探すのが難しいです。

 

ハローワークは履歴書添削・面接対策もやっているので、自分で仕事を探し内定を獲得したい人には向いています。

しかし、ほとんどの求人で募集年齢を上げているのは「未経験者を求めていることよりも、応募数を増やすために年齢を上げている」ことが多いです。

そして、応募数を上げても求人に募集する人が少ないのが現状なのです。

30歳~44歳まで使えるエージェントが出来る

今までは30代から就職をする場合転職エージェントを使いたくても使えない人が多かったです。

マイナビエージェント・リクルートエージェントなどの大手転職エージェントは未経験者が対象よりもスキルアップの人を対象としているエージェント。

そのため、30代無職やフリーターが応募しても審査で通らないこともまちまち。

 

また多くの転職エージェントは就職市場では売り手の20代をターゲットにしています。

 

しかし、先で述べたように就職市場は変化しています。今は30代~40代をターゲットにしたエージェントがあります。

しかも、正社員未経験者でも使えるエージェントなのです。

就活エクスプレスを使えば30代の就活は難しくない!

就活エクスプレス 」は東京都が斡旋している委託事業で、30歳~44歳の正社員未経験の人を対象にした転職エージェントです。

今までは20代がメインだった就職市場も、人手不足、売り手市場の影響で30代、40代をターゲットにした事業が新しく作られています。

それも東京都が委託している事業というのが驚きです。

 

 

派遣やアルバイトで生活していた人で正社員になりたい。30代、40代だと正社員への道は厳しい。履歴書、職務経歴書に書くことがない。こんな不安を抱えている人は多いです。

そして、そんな不安を抱えている30歳~44歳の人は「年齢の壁を越えられず就職が出来ない」のが現状でした。

 

このサービスはそんあ不安を持っている30歳~44歳の人を対象にした、その年齢からでも正社員を目指せるサービスです。

就活エクスプレスの就職までの流れ

この事業の就職までの道のりを紹介します。まずは「就活エクスプレス 」のサイトに飛び、説明会に応募しないといけません。この説明会は開催数が少ないのと人数制限があります。

説明会の時間は30分ですが、説明会+セミナー付きのものもあります。

こちらは13時~15時半になります。

ここで登録が終わると、次に5日間の集中プログラムを受講することになります。

このプログラムは次の合同面接会の為に自分の強み・弱み・向いている業種などを発見するプログラムです。

5日間のプログラムを受ける必要があるので、関東近郊に住んでいる人じゃないと通うのが大変です。また、就職先も東京都内になります。

プログラムは2種類あって、1つは「適職探索コース」。もうひとつは「面接突破コース」です

どちらか片方のコースを自分で選ぶことになります。

以下は適職探索コースの1日の流れになります。9

時半から始まり15時半までやるプログラムを5日間参加することになります。ここで身に着けたことを次の合同説明会で試すことになります。

合同面接会参加者の80%は就職が決定

この事業に参加した80%の人が無事就職先が決まったというから驚きです。

また参加した98%の人のがプログラムに大満足したアンケートに回答しています。

合同説明会は堅苦しい面接とは少し違い、パーテーションで区切られスペースを使っての面接になります。気になる企業をドンドン受けられます。

この合同面接会には履歴書も職務経歴書もなにも必要ありません

5日間のプログラムを終えて身に着けたスキルと自分を表現することが大切になります。

月に1度、合同面接会はあるので、そこで決まらなくても次回の合同面接会に参加すればOKです。

それまでは5日間のプログラムを受けなくてもいいです。不安がある方向けに、フォローアップ対策なども充実しているのでそちらを受けることは可能です。

実際に就職が決まった人たち

大学中退後、長いアルバイト生活、派遣社員を経て正社員を目指す。就職に有利になるようにと大型免許を取得するが、自分に合った会社を見つけることができず転職を繰り返す。そんな中、自分に合う様々な求人が集まるという東京しごとセンターの話を聞き、就活エクスプレスの受講を始める。

Mさんは一度東京しごとセンターでエンジニアに就職。再度就活エクスプレスを利用して再度就職が決まりました。決まった仕事は営業とのことです。

高校卒業後、小売業の経理として就職。2年後、夢だった海外行きを決め退職するも、家庭の事情で諦めることに。その後は自分の可能性を広げるために派遣社員としてさまざまな会社で勤務する。
正社員への道を再び目指し始めるが不採用が続き、悩んでいたところ就活エクスプレスと出会う。

就活エクスプレスを使うデメリット

いくらいいエージェントだって、メリット・デメリットがあります。

色々な転職エージェントを見てきて、30代の人には是非お勧めしたいエージェントですが、このエージェントを使うデメリットを紹介しておきます。

5日間の集中講座に参加が必要なため時間が取られる

非常にいい講座なのですが、5日間朝から昼過ぎまで拘束されます

この講座に参加後の内定率は80%越と驚異の内定率を誇っていますが、やはり5日間拘束されるのはつらい人もいるかもしれません。

逆に、それだけ本気で正社員を目指している人のみを受け入れている講座ではあります。

また、5日間の口座を受けてしまえば、半年間はサポートを受けつつ合同説明会に参加することが可能なのでお得と捉えることが出来るかは、あなた次第です。

東京都のみで開催。関東近郊在住者しか対応していない

東京都の企業のみで就職可能です。

通える範囲なら参加可能ですが、こういった自治体が音頭を取って(委託しているだけだが)就職率の向上に向けた活動は大変いいと思います。

東京都のみというのが非常に残念です。

開催日数が少ない・受け入れ人数がすくない

説明会に参加しないと講座を受けることが出来ませんが、講座開催数が月に2回しかありません。

また受け入れ人数も少ないです。確か1回25名でした。(説明会)

この説明会に参加して、25名中何名が講座に参加するか分かりませんが、まずは説明会に参加しないといけません。

合同説明会に参加に参加する企業が毎回違う

合同説明会に出てくる企業が毎回違います。

つまり受ける説明会によっては企業の質が高かったり低かったりする恐れがあるということです。

といってもまずは就職だ!と考えている人もいますし、6回参加できるので、そこをどう考えるかはあなた次第です。

就活エクスプレスを使うメリット

次にメリットを見ていきます。

30代、無職でも参加できるただ一つの転職エージェント

30代無職が今まで就職しようとしても絶望的なところがありました。

しかし、このエージェントなら5日間の講座+面接会で内定を獲得できます。

デメリットでも書きましたが5日間は確かに面倒くさいです。しかし、そこを面倒くさがらない人だけが内定を手に入れています。

書類選考がない・必要ない

無職からの就活で一番最初の関門は「書類選考が通らないという点です」。

ほぼ間違いなく、無職で職歴なしの30代だと書類が通りません。

しかし、就活エクスプレスなら書類選考はないですし、面接からのスタートになります。

企業も合同面接会であなたと話、あなたの人柄を見て、そしてあなたを取るのです

書類は一切必要ないのです。

集中講座を受けた人の内定率が80%

20代のエージェントなら80%も分かります。しかし、この数字は30代~40代を対象とした数字です。

求めている企業が多いのが現状です。

しかし、30代~40代を斡旋するエージェントで内定率80%は驚異的な数字です。

企業が無職からの就職を希望している

今までど通りの就活だと、面接や書類選考で無職と書いたり、今までの職歴がないことで落ちることが多かったと思います。

しかし、この就活エクスプレスは企業側も無職の人が来ることを理解していますし、求めている企業もあります。

なによりも企業が30代、40代を求めるのは若さだけではなく、その年齢から正社員を目指しているということなのです。

サポートが受けられる期間が長い

とにかく応募して半年間はサポートを受けられますし、合同面接会に参加できます。

1回講義を受ければ半年先まで有効です。

面接が怖くない

合同面接会は非常にフランクな面接会です。

当日は就活エクスプレスの担当者もいますし、重々しい雰囲気ではありません。

怖がらず自分を出せるチャンスが十二分にあります。

こんな人に使ってほしい!こんな人に正社員になってほしい

就活エクスプレスのメリット・デメリット。そしてサービスの内容を書いてきました。

今までは本当に30歳~44歳の就職は難しい時代でした。

その年齢まで何してたんだと言われてしまえばそれまでですが、色々な事情を抱えていると思います。

 

今までは正社員を諦めていた人も、このサービスで多くの人が正社員になっています。こんな素晴らしいことはありません。

 

これからの時代、年齢は関係なく就職しやすい世の中になれば幸いです。

そのために、この就活エクスプレスは以下のような人に使ってほしいです。

  1. 30代、40代で正社員になりたい人
  2. 30代、40代から正社員になんてなれないと諦めていた人
  3. 最後のチャンスだと思って正社員就職に挑戦したい人
  4. 派遣やアルバイト生活で将来が不安な人
  5. 正社員になんてなれっこないって思っている人

 

就活エクスプレス 」ならアルバイト生活、派遣生活が長い人も正社員になるチャンスがあります

このプログラムは常時やっている訳ではありません。説明会も月に2回しかやっていません。

30代、40代でも正社員になるチャンスがあると思った人は是非、挑戦してみてください。

 

広告

「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職者の約8割が利用している転職サイト「リクナビNEXT」で

自分の強みは何か
自分に向いている仕事は何か
自分のやりたい仕事は何か

を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

あなたに合った仕事を見つけることで、今後の就活のやり方が変わってくるでしょう。

所要時間は20分-30分。
途中保存が出来ないので、時間がある時にお使いください。
無料で使えますが、有料診断と同じくらい当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です